業務用・産業用のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

ガスコージェネレーションシステムの概要

ガスエンジン方式(数kW~10,000kW程度)

ガスエンジンで発電機を駆動して発電し、同時に排ガスやジャケット冷却水からの廃熱を温水・蒸気の形態で回収して給湯や冷暖房に利用するシステムです。
発電効率が高いため、電力需要量に比べて熱需要量が少ないお客さまに適しています。

停電時対応機のシステム例

ジェネライト(5kW~35kW)

ジェネライトは付帯設備などをパッケージ化した小型のガスエンジンコージェネレーションシステムです。ラインアップが豊富で、ガスコージェネレーションをより手軽に導入いただけます。

10kW未満ジェネライト(5・6・9.9kW)

システム構成例

25kW・35kWジェネライト

システム構成例
 

停電対応型ジェネライト

ジェネライトの停電対応機なら、停電が起きても都市ガスが供給され続ける限り、発電し続けることができます。

停電時対応機のシステム例

  1. ※単相負荷のみに対応する機種もあります。

停電時

プロパン・エアー対応のシステム例

プロパン・エアー発生装置(PAジェネレーター)対応のジェネライトシステムなら、都市ガスの供給が停止した場合にも、重要負荷で電気が使用できます。

プロパン・エアー対応のシステム例

ガスタービン方式(数十kW~10,000kW程度)

システム構成例

ガスタービンで発電機を駆動して発電し、同時に排ガスボイラにより廃熱を全量蒸気の形態で回収します。蒸気を中心とした熱需要量が多いお客さまに適しています。

 

燃料電池方式

燃料電池は都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて発電するシステムで、発電効率が高く、CO2やNOxの発生も少ないため、今後の普及が期待されています。

燃料電池方式