業務用・産業用のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

エコ厨

省エネ・省CO2で地球に優しい「エコ厨」

省エネルギー

製造所や発電所からお客さままでのトータルエネルギー効率(一次エネルギー換算)で見てみると、発電ロスや送電ロスがないガスフライヤーの方が省エネなのがわかります。

トータルエネルギー効率の比較 原油換算量の比較

※数値は「(財)コージェネレーション・エネルギー高度利用センター」ホームページおよび平成17年度改正省エネ法の解説 工場・事業場編 [(財)省エネルギーセンター発行]より
※1 当社エリア
※2 エネルギー使用の合理化に関する法律:昼夜買電換算係数

省CO2

ガス方式の厨房を選べば、電気方式を選ぶ場合と比べて省CO2の排出を抑えることができます。

CO2排出量の比較

※出典:平成17年度改正省エネ法の解説 工場・事業場編 (財)省エネルギーセンター発行
※1 当社エリアCO2排出係数(低圧)
※2 中央環境審議会 地球環境部会 目標達成シナリオ小委員会中間とりまとめ(2001年7月)より(需要端換算値)

省電力

ガス機器の入替で節電効果が生まれます。

ガス機器への入替で生まれる節電効果

※各調理機器の定格消費電力量比較
※節電効果はメーカーや機器、容量などにより異なります。

ガス機器への入替で生まれる節電効果

※建物概要 150床病院
空調:ガス空調
厨房:電化厨房
(一社)日本ガス協会資料より

省コスト

ガス厨房機器は初期投資にかかる費用が少なくて済みます。また、年間のランニングコストがお得です。

業種別にみるイニシャルコスト比較(試算例)

業種別にみる年間ランニングコスト比較(試算例)

算定条件
[イニシャルコスト] 任意に抽出した市場物件をもとに、以下に記載の使用機器を新たにガス機器及び電気機器に買い替えた場合において、買い替え機器の希望小売価格に基づき試算しました(2007年1月時点)。なお、お客さまの実際の購入機器の種類・価格により、イニシャルコストは異なります。
[ランニングコスト] 任意に抽出した市場物件をもとに、以下に記載の使用機器を新たにガス機器及び電気機器に買い替えた場合におけるランニングコストを試算しました(2013年12月時点の当社・東京電力の料金体系を使用)。なお、お客さまの実際のガス・電気の契約形態や使用量により、ランニングコストは異なります。

業種 使用機器
学校(500食/日) コンロ(1台)、スチコン(1台)、回転釜(4台)、その他機器
病院(400床) フライヤー(1台)、スチコン(2台)、回転釜(2台)、その他機器
シルバー施設(100床(メイン厨房のみ)) コンロ(1台)、スチコン(1台)、回転釜(1台)、その他機器
社員食堂(1,000食/日) コンロ(2台)、スチコン(2台)、回転釜(1台)、その他機器
給食センター(10,000食/日) スチコン(13台)、回転釜(3台)、連続式揚げ物機(ガス厨房2台、電化厨房1台)、その他機器
保育園(150食/日) コンロ(1台)、スチコン(1台)、フライヤー(1台)、その他機器