業務用・産業用のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

ガス機器の日常管理

ガス機器は、取扱説明書をよくお読みいただき、ご使用ください。
ガス機器をご使用時に不快なにおい、炎のあふれ、機器本体の異常な過熱などがあれば、ただちに使用を中止し、修理をご依頼ください。

ガスこんろ・レンジ・七輪

ブラシなどでバーナートップの汚れを取ってください。

ブラシなどでバーナートップの汚れを取ってください。
目詰まりしていると不完全燃焼の原因になります。
また、こんろのそばには、燃えるものを置かないでください。火災の原因になります。

 

ガス小型湯沸器

上部の汚れや目づまりを時々チェックしてください。

上部の汚れや目づまりを時々チェックしてください。
上部に汚れや目づまりなどがあると不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因となる場合があります。
上部に汚れや目づまりがある場合や使用中に火が消える場合は、京葉ガスまたはガス機器販売店に点検・修理(有償)をお申し込みください。

 点検修理窓口一覧 

 

ガス湯沸器

湯沸器の給気フィルターの汚れや目づまりを時々チェックしてください。

湯沸器の給気フィルターの汚れや目づまりを時々チェックしてください。
給気フィルターに汚れや目づまりなどがあると不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因となる場合があります。

 

業務用厨房機器

業務用厨房機器は、定期的に機器メーカーによるメンテナンスを実施してください。
また、ガス機器ご使用後は必ず機器の器具栓を閉めてからガス栓を閉めてください。器具栓を開けたままでガス栓のみを閉めると、次回ご使用時にガス栓を開けた際、ガスが流出し大変危険です。

  • ※熱くならない業務用厨房機器「涼厨」のラインナップについてはこちらをご覧ください。

 涼厨 

排気フード

ふだんから、フード内の清掃を心がけましょう。
ダクト内や換気扇の油滴やホコリは、ダクト火災の原因になります。
また、排気が十分に行われないと、不完全燃焼をおこし、排気ガスが室内にあふれて一酸化炭素中毒を引き起こす恐れがあり、大変危険です。