業務用・産業用のお客さま

 
 

京葉ガスのでんき(業務用・産業用のお客さま向け)

電力自由化とは

「電力自由化」は2000年以降、電圧や契約容量の大きな施設から段階的に進められており、大規模工場やデパート、オフィスビルなどでは、すでに電気事業者を自由に選ぶことが可能です。
そして、2016年4月の全面自由化により、一般家庭などでも、電気事業者を自由に選べるようになりました。

電力自由化とは

京葉ガスのでんき、5つのポイント

1.毎月の電気料金がおトク! 2.お支払いはまとめてラクラク! 3.契約手数料はかかりません! 4.契約手続はカンタン! 5.電気の品質は変わりません!

京葉ガスのでんき、こんな方にオススメです

京葉ガスのでんきに
お申し込みいただけるお客さま
  • 京葉ガスの都市ガスをご使用のお客さま、
    またはお引越し等に伴い、新たに京葉ガスの都市ガスと電気をお申し込みいただけるお客さま
    ガス料金のお支払いが口座振替、またはクレジットカード払いのお客さま(契約電流:30A・40A・50A・60A/契約容量:6kVA以上/契約電力:0.5kW以上)

こんな方はおトクになります!

京葉ガス

京葉ガスのガスをご使用いただいている方

ゆかほっと

ガス温水床暖房をお使いで、ガス料金プランが「ゆかほっと」の方

ホットほっと

ガス暖房機をお使いで、ガス料金プランが「ホットほっと」の方

ピカほっと

エネファームまたはエコウィルをお使いで、ガス料金プランが「ピカほっと」の方

京葉ガスのでんき、シミュレーション例

年間4,800kWh(40A)の電気をご使用の場合「京葉ガスのでんき」に切り替えると電気代が年間約6,900円もおトクに!

※ 試算条件等は下記に記載

わが家はいくらおトクに?お手元にガスと電気の「検針票」をご用意して、かんたん!シミュレーションをお試しください!

電気料金シミュレーション

「京葉ガスのでんき」をさらにくわしく!

【シミュレーション例 試算条件等】

  • ●年間の電気使用量が4,800kWh、契約電流40Aの場合。
  • ●「東京電力エナジーパートナー㈱」の電気料金は従量電灯B(平成29年6月時点)、「京葉ガスのでんき」の電気料金はマイホームあかり・ほっと割(平成29年6月時点)を適用した場合の料金。
  • ●試算には燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金は含みません。消費税は含みます。
  • ●シミュレーションは上記条件に基づき試算しておりますので、実際の料金とは異なります。
  • ●実際の料金はお客さまのご使用状況により異なります。