業務用・産業用のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

ガス空調の導入

ガスヒートポンプエアコン(GHP)はガスで空調するシステムなので、電気空調と比べ小電力です。よって大きな節電効果を発揮します。

GHP導入でピークカット・省エネ

GHPは、電力ピークの抑制によって、受変電設備の軽減と契約基本料金の低減を実現します。
また、年間の建物の電力使用量の削減が実現できることから、建物の省エネルギーに貢献します。

GHPによる消費電力の平準化(イメージ)夏季の1日の電力需要曲線(イメージ)

建物のエネルギー使用の大半は、空調での使用となっています。

発電機能搭載でさらに省エネを実現

GHPはEHPと比較して約1/10の小電力です。さらに、発電機能搭載GHPは、約1/100の小電力となります。

発電機能搭載GHPバリエーション

ハイパワーマルチ 室外機運転時に、エンジンで圧縮機と小型発電機を同時に駆動することにより、消費電力を低減します。

発電機搭載の省エネルギー・システム
発電機搭載の省エネルギー・システム
 

ハイパワーエクセル 高効率3kW、4kWクラスの小型発電機搭載により、小電力、低ランニングコストを実現します。

ガスヒーポンの発電能力で、消費電力を抑えます

ガスヒーポンの発電能力で、消費電力を抑えます