絵画コンクール(平成29年)

平成29年(第21回)京葉ガス絵画コンクール テーマ「だいすき!」

結果発表

表彰式

11月19日に表彰式を開催しました。詳しくはこちら

   京葉ガス絵画コンクールは、当社の都市ガスをご利用いただいております市川市、浦安市、船橋市、鎌ケ谷市、白井市、松戸市、柏市、流山市の8市に在住、在学する小学生を対象に、平成9年より毎年開催し、本年で21回目を迎えました。
   本年は「だいすき!」をテーマに募集したところ、237校より、15,961点ものご応募をいただきました。
   ご応募いただいた一つひとつの作品には、だいすきな友達や家族、ペット、食べ物などが描かれており、それぞれの「だいすき!」という思いが伝わってくる素敵な絵ばかりでした。画用紙いっぱいに一生懸命気持ちを込めて描いてくれた児童のみなさん、本当にありがとうございました。
   今後とも当社は、地域の皆さまのより快適な生活と豊かな社会の実現のために少しでもお役に立てるよう努力し、皆さまから愛される企業を目指してまいりますのでより一層のご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年11月
京葉ガス株式会社
取締役社長 羽生 弘

 

最優秀賞作品一覧(順不同・敬称略)

最優秀賞(8名)

最優秀賞作品

学校だいすき
市川市 梅田 晴心

大きく広げた両手で優しく包み込んだ晴心さんから、「学校だいすき」がとてもよく伝わってきました。校庭では、友達が楽しく遊んでいる様子が、とても丁寧に描かれています。何よりも、白い校舎と周りと赤のコントラストがとてもきれいで、大変目を引きました。晴心さんの笑顔いっぱいの温かな眼差しが、大変すてきな作品です。そして、絵と同じようにお名前(晴心さん)もとてもすてきですね。

最優秀賞作品

おばあちゃんのうめぼし
浦安市 河合 月子

梅雨明けの庭で、ざるの上に干されたうめの様子をよく捉え、一粒一粒、とても丁寧に描かれています。大好きなおばあちゃんが、丹精込めてうめぼしを作っているその気持ちまでもが伝わってくるようです。思わずつまみ食いした時の表情とたくさんのうめぼしの並ぶ画面構成も、とても効果的です。見ている方も口の中がすっぱくなってくるようです。また、うめぼしの赤と庭の緑の色の対比も鮮やかです。月子さんの豊かな感性があふれる素晴らしい表現です。おばあちゃんのうめぼしを食べれば、家族みんなが元気に過ごせそうですね。

最優秀賞作品

夏休み!!だいすきな
アンデルセン公園で水遊び

船橋市 平野 七海

噴水の下で歓声をあげている子、浮き輪につかまって泳いでいる子、友達と水かけをしている子、ビーチボールで遊んでいる子など、子供達がそれぞれ水遊びを楽しんでいる様子が、よく描かれています。中央のピンクの水着の子が七海さんでしょうか。笑顔が輝いていますね。とても気持ちよくて楽しい感じが伝わってきます。噴水・木々の配置を工夫し、奥行きのある構図になっています。また、池・地面・林の色が、パステル調の調和が取れた色彩で表現され、絵全体に優しい雰囲気を出しています。絵の具とクレヨンを効果的に使った霧状の噴水や水しぶきの表現も見事です。七海さんの大好きな場所、アンデルセン公園。にじの池もお気に入り。また、楽しいひとときを過ごしてくださいね。

 

最優秀賞作品

おきにいりの場所
鎌ケ谷市 山内 陽翔

夏休みに連れていってもらった水族館の大きな水槽の中を泳ぐ魚たちに見とれてしまい、そこから動けなくなってしまった気持ちがとてもよく伝わってきます。ジンベイザメやマンタの迫力、遠くのイワシの群れ、細部まで丁寧に描ききった表現力は、とても素晴らしいものを感じます。右下の陽翔君の表情やオレンジの色のシャツも画面に緊張感を持たせています。

最優秀賞作品

大好き!おまつりと星!
白井市 和田 弥

胸を躍らせながら行った夏まつり。大好きな屋台で何を食べようかわくわくしていたところ、ふと見上げた空に満点の星!気持ちがとてもときめいた思いが伝わってきます。夜空の紺色と浴衣の赤が対比して夏まつりの雰囲気をよく表現しています。スパッタリングを効果的に使った天の川やかざぐるまの模様、曲線で描いた屋台ののれんなども表現力の豊かさを感じます。

最優秀賞作品

会いたかったよ
松戸市 樋口 由馬

水族館でしか見られなかった海ガメが、目の前でゆったりと泳いでいる姿に感動している気持ちが伝わる絵です。海ガメの姿を目に焼きつけようとじっくりと見つめていた様子が、一つひとつの線や色からわかります。勇気をもってシュノーケリングに挑戦したからこそ出会えた思い出ですね。この感動をいつまでも忘れずに大切にしてください。由馬君、最優秀賞おめでとう!

 

最優秀賞作品

あこがれのすいそうがくぶ
柏市 豊島 輝良里

たくさんの楽器の音が響き合った、すてきな演奏が聞こえてきそうです。ステージの上でかっこよく楽器を演奏しているお兄さんの動きやいろいろな楽器の特徴を、よく捉えて描いています。素晴らしいハーモニーを奏でる、吹奏楽部のお兄さんやお姉さんにあこがれる輝良里さんの気持ちが伝わってきます。また、演奏を聴いているまわりのみんながうっとりしたり、元気になったりしている表情もよく描かれています。すてきな音楽に感動でき、その感動を自分らしく描くことのできる輝良里さんの豊かな感性と高い表現力に感心しました。

最優秀賞作品

進め、未来の電車
流山市 小村 真之

一目見ただけで、電車がとても大好きな気持ちが伝わってきます。 画面いっぱいに描いた電車がとても迫力があります。鏡の上を走っている発想力も抜群です。大好きな電車に乗っている時、窓に映った風景や広告などの文字を入れている所もとてもユニークさが出ています。ピンク、緑、紫、赤、水色などの配色も色鮮やかで、真之君の楽しい気持ちや思いをひきたたせています。

 

あったか賞(32名)

ほのぼの賞(32名)