京葉ガスについて

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

お知らせ ~家庭用ガス機器に関する大切なお知らせ~

リンナイ製TES熱源機をご使用のお客さまへのお願い

平成23年2月3日

日頃より京葉ガスのTES製品(ガス給湯暖房システム※)をご使用いただき、誠にありがとうございます。

  • ※TES(ガス給湯暖房システム)は、ガスで加熱した温水による暖房とふろ機能および給湯機能を持つシステムです。

このたび、リンナイ株式会社製のTES熱源機(給湯暖房用熱源機)の一部機種について、追いだき用ふろポンプを制御する電装基板上の回路部品が故障することにより、ポンプが回転し続ける状態が発生し、稀に浴槽のお湯の温度が高くなるおそれのあることが判明致しました。

浴槽のお湯の温度が高くなる事象は、ふろポンプを制御する電装基板の回路部品の故障が発生した時に床暖房を使用し、かつ浴槽にお湯がある場合にのみに起こりうる事象ですが、浴槽のお湯が床暖房用温水で加熱されて約55℃~60℃になるおそれがあり、床暖房用リモコンの設定によっては稀に70℃に上昇する可能性があることが判明しました。

リンナイ株式会社の報告では、これまでにやけどのお申し出が全国で2件発生しているとのことですが、いずれも医療機関による治療には至っていないとのことです。
また、当社のTESをご使用頂いているお客さまにつきましては、このようなお申し出はございません。

以上の状況より、万が一、浴槽のお湯の温度を確かめずに入浴された場合には、やけどにいたる可能性がありますので、対象製品の自主点検・修理を事故の未然防止のため、無償で実施させていただきます。
なお、本事象によって、高温の湯がシャワーから出る等の不具合が発生することはございません。

対象製品で床暖房をご使用のお客様には、点検にお伺いするまでの間、入浴の際には必ず浴槽のお湯の温度をお確かめいただくよう、お願い申し上げます。

  1. (1)浴槽の湯温が異常に上昇している。
  2. (2)リモコンに「252」や「032」のエラーコードが表示される。

といった異常が確認された際には、入浴を控えていただき、下記の「リンナイ株式会社 リンナイ給湯暖房機受付センター」にご連絡いただきますようお願い申し上げます。対策部品が整う4月中旬以降に順次、点検・修理作業を実施いたします。

当該製品をご使用のお客さまには、ご心配とご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。何卒ご理解の上、ご協力を賜りますようにお願い申し上げます。

1.対象となる機種

リンナイ株式会社が製造しました下記形式機器が対象です。

シリーズ名 点検対象製造年月 備考
HT-2803 ARSシリーズ 2004年1月~2007年6月 末尾がAQ/SQタイプを除く
AFSシリーズ 2004年1月~2007年8月
BRSシリーズ 2006年3月~2007年6月
BFSシリーズ 2006年4月~2007年11月
KRSシリーズ 2003年9月~2007年5月
KFSシリーズ 2004年1月~2007年12月
HT-3503 KRSシリーズ 2003年8月~2007年8月 末尾がAQ/SQタイプを除く
KFSシリーズ 2003年12月~2007年12月
HT-4203 ARSシリーズ 2003年10月~2007年6月 末尾がAQ、SQ、Cタイプを除く
AFSシリーズ 2004年1月~2007年8月
BRSシリーズ 2006年3月~2007年6月 末尾がAQ/SQタイプを除く
BFSシリーズ 2006年5月~2007年8月
KRSシリーズ 2003年8月~2007年8月
KFSシリーズ 2003年12月~2007年9月
LRSシリーズ 2003年3月~2009年3月
  • ※「床暖房機能の無い同シリーズのTES熱源機」および「エコジョーズタイプのTES熱源機」につきましては、電装基板が故障して風呂ポンプが回転し続けても浴槽のお湯の温度上昇は発生せず、安全性には問題ありません。

2.対象となる機種の確認方法

製品本体の前面部に、型式と製造番号を記載した銘板が貼付されています。銘板に記載されている型式と製造番号をご確認ねがいます。

AR(F)S、BR(F)Sシリーズ

AR(F)S、BR(F)Sシリーズ

KR(F)Sシリーズ

KR(F)Sシリーズ

LRSシリーズ

LRSシリーズ

機種の確認方法

3.点検ならびに作業内容

対策部品が整う2011年4月中旬以降、当該機器をご使用のお客さまに順次、ご連絡のうえ、リンナイ株式会社またはリンナイ株式会社の委託した協力会社の作業員が訪問させていただき、点検ならびに修理を無償で行なわせていただきます。

  • ●作業内容:電装基板を確認し、修理作業を行ないます。
  • ●作業時間:1台につき約40分~60分

4.お客さまからのお問い合わせ窓口

リンナイ株式会社 リンナイ給湯暖房機受付センター

電話番号

0120-005-020 (フリーダイヤル)

受付開始日

2011年2月3日(木)

受付時間

2月13日まで 9:00~19:00(土日、祝日を含む)
2月14日以降 9:00~17:00(土日、祝日を除く)

 家庭用ガス機器に関する大切なお知らせへ 

 お知らせ一覧へ