社長ごあいさつ

取締役社長  羽生弘

   平素は京葉ガスならびに京葉ガスグループにご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

   京葉ガスは昭和2年の創立以来、千葉県北西部(市川・船橋・浦安・松戸・柏など)のお客さまへ「都市ガスのある快適な暮らし」をお届けするために、常に時代の先を見つめ、都市ガスの安全・安定供給に努めてまいりました。

   この「安全に安定して都市ガスをお届けすること」は、当社のブランドメッセージでもある「ほっと、人、あんしん」にも想いを込めた、今後も変わることのない願いであり使命でもあります。大規模災害などでエネルギー供給の重要性があらためて認識されている昨今、当社では予防対策(地震に強いガス設備)、緊急対策(地震の影響による二次災害の防止)、復旧対策(ガス供給が停止したお客さまの早期復旧)といった三段階の災害対策を推進するとともに、人材の育成に努め、対応力の強化を図っております。

   また、「電気・ガス小売全面自由化」というエネルギーシステム改革の急激な環境変化に対応するため常にお客さまの視点に立ち、柔軟かつスピーディーに経営諸課題に対処し、お客さまのニーズにあったエネルギー提案や販売サービスの拡充に取組んでまいります。

   本年は、平成28年に策定した中期経営計画の中間期にあたります。「オール京葉ガスとしてエネルギー供給事業をコアとしながら多様なサービスを提供し、『地域と共に成長する価値創造企業』を実現する」という基本的な方向性のもと、「エネルギーシステム改革への対応」「保安の高度化と供給基盤の強靭化」「サービス価値の向上」「経営基盤の整備」といった課題の達成に向けて、引き続き全力でチャレンジしてまいります。

   当社は、これからも地域社会にとって必要不可欠でより信頼される企業を目指し、ご愛顧いただいている大切なお客さまの「安全・安心な暮らし」に貢献するための施策に努力を尽くし、総合エネルギー企業としてより快適な生活と豊かな社会の実現に貢献してまいります。

平成29年4月
取締役社長 羽生 弘