京葉ガスについて

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

中期経営計画

中期経営計画(平成28年~平成30年)の策定について

平成27年11月

当社は平成24年11月に中期経営計画(平成25年~平成27年)を策定し、東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故に伴うエネルギー業界を取り巻く急激な環境変化に対応すべく、「地震災害対策の一層の加速」「不断の経営効率化への取り組み」そして「天然ガスの普及拡大と高度利用による天然ガスシフトの推進」等、施策の達成に全社一丸となって取り組んでまいりました。

この間、エネルギーシステム改革に向けた社会的要請が高まり、平成28年4月には電力小売、平成29年中にはガス小売の全面自由化が決定しました。今後、お客さまの利便性の観点に立った競争環境整備を目的としたシステム改革の進展に伴い、これまでにない形でエネルギー間競争が起こると想定されます。こうした競争の激化にどう対応していくかが、今後の当社に課せられた大きな事業課題であると認識しております。

当社は創業以来、地域とともに歩み、おかげさまで、多くのお客さまに都市ガスをご利用いただくまでになりました。お客さまに安全に、そして安心して都市ガスをお使いいただくことは、当社ブランドメッセージである“ほっと、人、あんしん。”にも想いを込めた、今後も変わることのない当社の使命であります。大きな環境変化の中でも、この使命を全うできるように、これまで以上に柔軟かつスピーディーに経営諸課題に対処し、地域の皆さまとともに中長期的に成長していくため、経営理念および「お客さま満足度No.1エネルギー事業者の実現」という当社が大事にする考え方を踏まえ、今般、本中期経営計画(平成28年~平成30年)を策定しました。

本中期経営計画は、「オール京葉ガスとしてエネルギー供給事業をコアとしながら多様なサービスを提供し、『地域と共に成長する価値創造企業』を実現する」という基本的な方向性に基づき「エネルギー供給事業を基盤に、新たな事業領域へ果敢に挑戦」という3年後のありたい姿の実現に向けた平成28年~平成30年の施策展開を示すものです。

当社は地域とともに歩んできたガス事業者として、これからも地域社会にとって必要不可欠で、より信頼される企業を目指し、ご愛顧いただいている大切なお客さまの安全・安心な暮らしに貢献するための施策に積極的に取り組むとともに、ご満足いただける付加価値サービスを提供するため、あらゆる努力を尽くし、本中期経営計画の達成に向けて全力でチャレンジしてまいります。

  • ※オール京葉ガス:お客さまに提供する価値を高めるための当社、グループ会社を含めたビジネスパートナーで構成する連携体制