京葉ガスについて

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

「ガスと暮らしの安心」運動

「ガスと暮らしの安心」運動とは

ガスのご使用による事故を防止することを目的として、毎年9月から11月の3カ月間、お客さまへ安心・安全についてお知らせする運動です。

「ガスと暮らしの安心」運動

活動内容

  • ○ガスの正しい使用方法や、誤った使用方法に伴う危険性に関する広報活動を実施します。
  • ○安全装置のついているガス機器・ガス設備の普及に向けた広報活動を実施します。
  • ○敷地内のガス管損傷防止のために、工事会社様にご注意・ご協力いただくよう広報活動を実施します。
  • ○敷地内のガス管がお客さま資産であることや、古くなったガス管のお取り替えおすすめの広報活動を実施します。

開催の概要

主催 一般社団法人日本ガス協会、一般社団法人日本コミュニティーガス協会
後援 経済産業省
協賛 一般社団法人日本ガス石油機器工業会、ガス警報器工業会
期間 9月1日~11月30日の3カ月間

快適な暮らしのポイント

換気を忘れずに 換気が不十分になると、ガス機器が不完全燃焼をおこし、一酸化炭素中毒の原因になります。
ガス機器を屋内で使用するときは、必ず換気をしましょう。
ガス機器とガス栓は正しい接続を ガス機器とガス栓は、タイプによって接続に使用するゴム管、ガスコードが異なります。
取扱説明書をよく読み、正しく接続してください。
複合型警報器の設置を ガスもれ、一酸化炭素(不完全燃焼)、火災をいちはやく検知して、ランプと警報音でお知らせします。
敷地内の古いガス管は交換 敷地内に埋まっているガス管は、お客さまの資産です。
埋設された亜鉛メッキ鋼管(白ガス管)は、新しいものへ交換しましょう。
安全型ガス機器に交換を ガス機器は、古くなると部品が劣化し、火災や事故を起こす恐れがあります。安全装置のついた最新のガス機器であれば安心。古くなったガス機器は早めに交換しましょう。

ガスを安全にご使用頂くために

  • ○地震が起きたら、あせらずまず身の安全を確保しましょう。震度5強相当以上の地震では、ガスメーターが自動的にガスを遮断します。揺れがおさまってから、使用中のガスの火を消してください。
  • ○停電になったら、換気扇は動かず夜間はガス機器がよく見えません。ガス機器を使用する場合は、窓を開けるなど必ず換気をするとともに、十分ご注意ください。
  • ○ガスくさいと感じたら、窓や戸を大きく開けて換気をしてください。換気扇などの電気のスイッチは着火源となるおそれがあるので、絶対手を触れないでください。すぐに京葉ガスへ連絡を!
  • ○節電時でも、屋内設置のガス機器を使うときは、換気扇やレンジフードの作動、窓を開けるなど通常と同様に必ず換気をしてください。
  • ○ガス機器とガス栓は、接続方法を間違えるとガスもれ、火災の原因になります。正しい接続具を使用して、しっかり接続してください。
  • ※「ガスと暮らしの安心」運動の詳細については、日本ガス協会ホームページのこちらのページをご覧ください。

「ガスと暮らしの安心」運動

 
 
  • ※ガスを快適&安全にお使いいただくための情報については、経済産業省ホームページのこちらのページをご覧ください。

ガスの安全合い言葉で見直し隊キャンペーン