エネファーム

水素社会の実現へ…家庭用燃料電池エネファーム

水素をエネルギーとして活用する社会づくりが始まっています。

 「エネファーム」は、私たちの暮らしに欠かせない電気やお湯を自宅で都市ガスから効率的につくりだす家庭用燃料電池。CO2の排出量を抑え、低炭素社会の実現に貢献するクリーンで最先端のシステムです。
 身近な水や都市ガスなどさまざまな資源からつくることができる水素は、これからの暮らしを支える新しいエネルギーとして注目を集めています。いま、日本では、エネファームだけでなく、燃料電池車の販売や水素ステーションの整備など、水素を活用する社会づくりが始まっています。
 エネファームで水素社会の実現へ…。未来に向けた環境にやさしい暮らしを始めませんか?

国では、2030年までに530万台の設置を目指しています。

  • ※「エネファーム」はJXTGエネルギー(株)・東京ガス(株)・大阪ガス(株)の登録商標です。

エネファームをさらにくわしく!

  • 「ウィズ京葉ガス」ポイントサービス
  • 採用物件紹介
  • ダブル発電キャンペーン
  • ブルー&グリーンプロジェクト