ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

東西線/JR西船橋駅・西船周辺

葛飾湧水群を訪ねて西船界隈へ

行田公園

行田公園/大正4年(1915年)に創設された船橋海軍無線電信所跡地の一部を整備し、昭和54年(1979年)に緑豊かな公園に生まれ変わった。大通りによって東西に分かれた西側の歩道橋脇に船橋無線塔記念碑がある

 鉄道路線を乗り継ぎ、気になる駅で途中下車。周辺を散策しながら、街の風情を楽しみます。6回シリーズの3回目は東西線・JR西船橋駅で下車。巨樹の茂る寺社があり、葛飾湧水群の保全が進む西船界隈の、かつての景勝地・葛飾を訪ねましょう。

 

葛羅の井

葛羅の井

葛羅の井

葛羅の井/船橋名木10選のケヤキ(最上段)の裏にひっそり佇む湧水。戦後、永井荷風が散歩中に発見し、随筆「葛飾土産」で紹介された大田南畝筆の碑が建つ

八坂神社の夫婦椿

ゲエロの池/葛飾湧水群の一つ。かつては多くの水生生物がいたという

八坂神社の夫婦椿

八坂神社の夫婦椿/根本から2つに分かれるヤブツバキ。船橋名木10選の一つ

葛飾神社

葛飾神社/社殿の背後に、見事な枝振りを見せる名木10選のクロマツ

葛飾神社の池

葛飾神社の池/大きな鯉が悠然と泳ぐ葛飾湧水群の一つ。葛飾神社とは離れている

Bistro Coma 西船橋店

Bistro Coma 西船橋店

Bistro Coma 西船橋店/本格フレンチが気軽に楽しめるレストラン。ランチはパスタランチ(980円)、ランチコースA(1,200円)、ランチコースB(1,680円)。コースAは前菜と選べる3種類のメイン、デザート、コーヒーまたは紅茶。コースBはAにハーフパスタが加わる。上段写真右端が店長の金澤武士さん
時間/11時~15時・17時~24時(金・土・祝前日は翌1時まで、ラストオーダーは各30分前)不定休
TEL/047-401-5285

都会のオアシス緑豊かな行田公園

 西船橋駅を降りて、京成・西船駅方向へ向かおう。
 西船駅の大正5年(1916年)開業当時の名称は葛飾駅。この地の周辺が東葛飾郡葛飾町であったことに由来する。その後、昭和62年(1987年)住所表記が西船に、また東京の葛飾区と紛らわしいことなどから改名された。住所は変わったが、今でもこのあたりの施設名などに葛飾の名が残る。
 途中、国道14号にぶつかる手前右側歩道に、葛飾小学校開校の地碑がポツンと建つ。明治25年(1892年)の開校から、西船橋駅が開業した昭和34年(1959年)に現在地に移転するまで、この地にあったと刻まれている。
 開校地碑の向かいに、赤と白のストライプのテントが目立つレストランが。フランス食堂&ワインバルのBistro Coma(ビストロ・コマ)西船橋店だ。ランチは本格フレンチを楽しむことにしよう。
 境内に船橋市の指定樹林がある春日神社を過ぎ、京成の踏切手前に右斜めに入る幅2メートルほどの小道がある。これが房総古道・つばき道だ。少し歩くと、線路の向こうに県指定有形文化財の木造五智如来坐像を安置する正延寺が見える。1キロあまりたどると、浅間神社が鎮座する森に着く。住宅街の中に静かな佇まいだ。
 ここから北に向かえば、かつての船橋海軍無線電信所跡地の一部を整備した行田公園。約12ヘクタールの緑豊かな都会のオアシスだ。東西に分かれた公園を結ぶ歩道橋の西側脇に船橋無線塔記念碑が建つ。昭和16年(1941年)12月、開戦に突き進む日本は、この地から「ニイタカヤマノボレ」の有名な暗号電文を送信したという。

名木と湧水を訪ねぶらり街歩き

 船橋市立行田西小学校の脇を抜けて武蔵野線のガードをくぐる。そのまま南西に下って、背丈ほどの小さな鳥居のある大六天神社前を通り、次の交差点を右へ。少し歩くと右手に八坂神社が見えてくる。境内右手に船橋名木10選の一つ、ヤブツバキが根本から2つに分かれて伸びる。夫婦椿と呼ばれ親しまれている名木だ。
 200メートルほど進んだ左側には葛飾湧水群の一つ、ゲエロの池。かつてはホタルやウシガエルなど、多くの水生生物がいたという。都市化の波で荒れていた池は整備され、現在は憩いの場になっている。ちなみに「ゲエロ」とはカエルのことだそう。かつてこの池がゲエロ溜(ため)とも呼ばれていたことに由来するという。
 次の交差点を左折して西船橋駅方向へ。300メートルあまり進むと、左手に大きなケヤキが見えてくる。この巨木も船橋名木10選の一つだ。ケヤキの下を進んだ奥、民家に囲まれるように葛羅(かづら)の井が水をたたえる。湧水の水源は富士山のふもととも伝えられている。
 宝成寺の前を抜け、国道14号との交差点左に葛飾神社が鎮座。社殿背後にクロマツが見事な枝振りを見せる。
 葛飾湧水群の葛飾神社の池は、葛飾神社の名が付くが300メートルほど国道14号を中山方向に進んだ左側。季節がよければ、澄み切った湧水をたたえているはずだ。
 今回の旅はここまでだが、ゆとりがあれば少し足を伸ばして、多聞寺近くの二子浦の池と二子藤の池にも立ち寄ってみよう。いずれも葛飾湧水群の一つだ。

エリア情報

MAP