ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

東武野田線馬込沢駅・鎌ケ谷周辺

自然と絶景を訪ね鎌ケ谷界隈へ

鎌ケ谷市役所屋上からの眺望

鎌ケ谷市役所屋上からの眺望/鎌ケ谷市内を一望できる。天気がよく、空が澄んでいれば東京スカイツリーと並んで富士山が見える。年末年始を除く平日の8時30分~17時に開放

 縦横に走る鉄道路線を乗り継ぎ、気になる駅で途中下車。周辺を散策しながら、魅力ある街の風情を楽しみます。今回は東武野田線・馬込沢駅で降りて馬込から鎌ケ谷、そして六実駅まで歩きます。東武野田線の沿線を訪ねる小さな旅です。

 

丸山市民の森

丸山市民の森/バードウォッチングも楽しめる憩いの空間。鳥の餌台が置いてある

八幡春日神社の森

八幡春日神社の森/神社の周りの森は天然記念物として鎌ケ谷市指定文化財に

貝柄山公園

貝柄山公園/静かな水辺を散策できる。新緑の季節なら森林浴も楽しみながら歩こう

下総小金中野牧跡

下総小金中野牧跡/野馬を追い込み捕らえる「捕込」の一部。国の指定史跡

豊作稲荷神社の手水鉢

豊作稲荷神社の手水鉢/明治6年建立の神社。写真の手水鉢の他、計4点が鎌ケ谷市指定文化財に

八坂神社の庚申塔

八坂神社の庚申塔/境内にズラリと並ぶ庚申塔。中には元禄12年(1699年)建立のものも

パティスリール・シエル

パティスリール・シエル

パティスリール・シエル/都内のホテルで修行を積んだオーナーパティシエ・宮本崇市さん(上写真左)が、昨年11月にオープンした夫妻で営むおしゃれなお店。宝石箱をイメージしたショーケースには、色とりどりの生ケーキが18種類(うち季節のケーキ1種)。ほどよい甘さで、洗練された大人の味わい
時間/10時~20時 火曜定休
TEL/047-401-0484

森を訪ねて船橋市から鎌ケ谷市へ

 旅の始まりは馬込沢駅。まずは木下街道に出て、踏切脇に鎮座する馬込の天満宮へ。きれいに整備されている境内には、青面金剛王や猿田彦大神などの他、多くの庚申塔が並んでいる。
 ここから商店街を通り1キロほど歩けば、丸山市民の森だ。入り口横に、鳥や草花の掲示板がある。そして雑木林の中には、鳥の餌台が設置され、バードウォッチングを楽しめるようになっている。周りには住宅が建ち並び、ここだけ緑が保全された憩いの場だ。
 住宅街からマンション群、梨畑を抜けてファイターズタウン鎌ケ谷へ。北海道日本ハムファイターズのファームとして室内練習場や選手寮、イースタンリーグ公式戦も行われるスタジアムがある。公式戦は3月16日に開幕しているので、同チームの公式ホームページ(http://www.fighters.co.jp)で試合日程や対戦相手をチェックするとよいだろう。
 東に500メートルあまりに鎮座するのが八幡春日(はちまんかすが)神社だ。神社の森は天然記念物として、鎌ケ谷市指定文化財になっている。案内板によると、もともとは杉と黒松の人工林から始まったのだそう。およそ200年から300年を経過しているという。このことは境内入り口の枯死した黒松の年輪(約300年)から裏付けられるそうだ。
 北東に約2キロ、畑と住宅街を抜ければ貝柄山公園。園内には大小の池があり、水鳥がゆうゆうと泳ぐ。池の周りに散歩道が整備され、多くの草木が植えられている。桜やアジサイが豊富とのことなので、シーズンになれば花見をしながらの散策も楽しめる。

空の澄む冬が見頃市役所屋上の眺望

 公園の北側すぐに、平成19年に牧関連としては全国初の国史跡に指定された下総小金中野牧跡がある。捕込(とっこめ)3区画のうち、1区画が往時の形態を保持して残っているという。
 国道464号を歩き初富交差点で左折、鎌ケ谷市役所に向かうことにしよう。
 同市役所屋上は、平日の8時30分から17時まで一般に開放されている。発展する市内を一望できることはもとより、天気が良く、空が澄んでいれば筑波山や富士山も見渡せる。東京スカイツリーの横に富士山が並んで見える、絶好のビューポイントなのだ。朝はより空が澄んでいるので、開放と同時に訪れるのがオススメ。
 新京成線をくぐり、市政記念公園に向かう途中、市立五本松小学校の近くにシックな外観の洋菓子店パティスリール・シエルを見つけた。イートインはできないが、若いオーナーパティシエの作るおしゃれなケーキに心ひかれる。
 桜の名所としても知られる市政記念公園で左折、東武野田線を越えて右へ。市立第三中学校の手前を右に曲がると、境内にズラリと庚申塔や石塔が並ぶ八坂神社。資料によると、大永3年(1523年)建立と伝わる。
 同中学校手前を左に曲がった先には、開墾地・初富の農作物の豊穣を願って、明治6年(1873年)建立の豊作稲荷神社が鎮座する。境内の手水鉢は往時に奉納されたものという。
 ここから2キロほど北東へ歩けば旅のゴールである六実駅。けれど、新鎌ケ谷駅に戻るのもいい

エリア情報

MAP