ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

浦安の橋めぐり

海辺の町から夢の王国へ

高層マンションが林立する高洲橋周辺

高層マンションが林立する高洲橋周辺。埋め立て地のため高低差がほとんどなく、自転車がとても役立つ

 浦安ほど著しく変貌を遂げた町も珍しい。戦後、埋め立てによる町づくりをリードしてきた背景には橋の架設が大きい。住む人と町と未来を結ぶ橋は生活や産業など地域のパイプ役でもあり、さまざまな町の表情が見えてくる。

 

江川橋にはべか船のブロンズ像がある

江川橋にはべか船のブロンズ像がある

西口水門から境川は始まる

西口水門から境川は始まる

記念橋たもとのレトロな建物

記念橋たもとのレトロな建物

公共の橋では珍しく個人名がついた伝平橋

公共の橋では珍しく個人名がついた伝平橋

漁師町、鉄道流通基地経てアーバンリゾートへ変貌

町の中央に流れる境川 レトロな町並みも健在

 江戸川西口水門。ここから町の中央を流れる境川は浦安の歴史そのもの。境川には現在10基以上の橋が架けられているが、水門付近の堀江、猫実地区あたりは初代歌川広重の江戸名所百景にも描かれた一帯。べか船による海苔漁で一時代を築いた古きよき浦安の素顔ともいえる。

 西境橋周辺はかつて六人河岸と呼ばれた大変景色のよいところ。船宿が軒を連ね、係留された船、護岸に干された洗濯物が自然に溶け込み、生活感あふれる風景が川沿いに漂う「青べか」の世界。そういえば山本周五郎、草野心平、常盤新平など、浦安に魅了された作家は気骨溢れる庶民派である。その名残りなのか現在も映画・ドラマの撮影でよく使われる。

 漁村独特の情景は宮前通りに架かる新橋を過ぎるとさらに色濃くなる。新橋は明治26年に架設された古い橋で当時は浦安橋と呼ばれていたが、江戸川に架けられた浦安橋が玄関口にとって変わるとその名を譲った。川沿いの遊歩道からは細い路地が幾つも張り巡らされ、旧大塚邸、宇田川邸と浦安を代表する旧家に立ち寄って骨休めするのもよい。

 新橋と境橋の間には生活用の小さなふたつの橋がある。そのひとつ記念橋は大正天皇の御大典記念事業として架設された橋で大正8年竣工。橋のたもとにある赤いトタンの建物が印象的で、手押し車の高齢者がゆっくりとした足取りで通り過ぎる。境橋は浦安で一番最初に架けられた橋で、欄干に漁師町浦安の往時を物語る銅版写真が飾られている。

埋立て事業で活性 住宅、産業、リゾートが一体

 江川橋のたもとにある江川児童公園はかつての入江。ここから川はまっすぐに流れ、護岸工事できれいに整備され、歩道橋も洒落ている。河口へ進むたび町は新しくなり、同様に住む人も若くなっている? というのも浦安市は平均年齢が日本一低い市であり、新住民が9割を占める。
町中を軽快に駆け抜けていく自転車などスピード感がある。旧市街とは違った風情を漂わせるのが見明川沿いだ。見明川は海面埋め立て事業によって生まれた水路。堀江橋から葛西の大観覧車、潮のかおりと川沿いを車で走ると舞浜ローズタウンなど整合性ある町並みが続く。

 河口には昭和43年から鉄鋼団地が進出を開始。鉄鋼流通基地として栄えた工場が翼がはえたようにせりだし、圧巻だ。その浦安鉄鋼団地協同組合初代理事長西山伝平氏(故人)の名を冠にしたのが伝平橋。市内で唯一個人名のついた橋だが、人柄の良さで親しまれ、自然と付いた名前という。約5000人が働く鉄鋼団地のシンボル的存在である。

 昭和42年、この橋の開通を機に鉄鋼流通が盛んになり、東京ディズニーランドを中心とした街づくりに拍車がかかった。橋は人と町と未来を結ぶ。海辺の町から夢の王国への橋渡しとなった伝平橋の先には東京湾が広がる。

エリア情報

●浦安市地図●

MAP