ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

ガスメータ製造修理 市川市

株式会社 竹中製作所
 市川市の(株)竹中製作所は各種ガスのメ−タ製造修理メ−カ−です。戦後、都市ガスの需要増加に伴い、生産台数も増大し、信頼ブランドとしての地位を確立。安全で品質の高い製品は快適な暮らしを支えています。

安全で快適な暮らしを支えるガスメータ製造の地元ブランド

ガスメータ

戦後歴代のガスメータ 左はBX型と呼ばれるブリキのガスメータ。家庭用も昔は大きかったんですね。 レトロな感じが逆におしゃれ?
中央は昭和39年登場のT型メータ。目盛りから数字による表示に。右が現在目にする新型のベージュ色をしたN型マイコンメータ

 竹中製作所の創業は昭和5年。竹中商店としてガスメータ部品などの製造販売を開始したのがはじまりです。戦後は復興と好景気の波にのってガスの需要も増加したことから、昭和27年からガスメータの製造を開始しました。
 生産増加に伴い、ガスメータ部門を分離、独立して昭和34年、市川市に竹中製作所を設立。本社工場を構え、後に長野、筑波に工場を増設するほどに成長。

 

感震器の機能検査

感震器の機能検査

塗装炉で吹き付けを行います

塗装炉で吹き付けを行います

手作業で1台ずつ組み立てられていきます

手作業で1台ずつ組み立てられていきます

ガスメータの小型化機械化で大量生産へ

 昭和39年になると、新設計のT型ガスメータの登場によって技術革新が起こります。それまでのメータから一気に小型化を実現。表示も針による目盛りから数字に変更しました。検針時にも針から数字に変わり、その分、より細かい使用量まで測定できるようになりました。
 昭和48年になると新開発N型小型ガスメータの生産が始まり、同時に統一規格品になりました。組み立てラインの機械化によって、生産も増大し、品質も飛躍的に高まっていきます。
 「それまではハンダ付けによる職人技術でした。わたしたちも実習生として真夏の工場で製品づくりに関わった時代が懐かしい」と同社前田薫製造部長。

マイコンメータ登場で安全性向上

 昭和58年にはコンピュータ制御によってガスの異常を知らせるマイコンメータが登場。マイコンメータは、電気のブレーカと同じ役目。流量遮断や感震器機能など安全面で機能が向上しました。
 難検針場所や独り暮らしの高齢者などに配慮し、センターで集中管理する通信機能付きなど進化し続けます。ちなみにマイコンメータは日本独特の機能で、欧米にはありません。
 ガスメータは住居の外付けが増えたことで、耐久性や強度も強化し、「上部にある電子部品が故障しないように防水が一番重要です」と高品質な製品づくりへの技術を磨きます。
 工場は塗装炉で吹き付けを行ってからマイコンメータの組立ラインへ移行します。1台ずつ念入りに検査を受け、ここで電子部品を組立ててからマイコンメータの機能検査をクリアし、出荷されます。

指定製造事業者として信頼を確立

 同社のガスメータ生産台数は年間約60万台。京葉ガスをはじめ、東京ガス、千葉ガス、北海道ガスまで取引先は広域に及びます。容量も一般家庭用から業務用まで多様。「修理ひとつとっても小回りがきくのが特徴です」と顧客第一主義を貫き、長年の実績と確かな品質保証によって平成9年市川市の工場が指定製造事業者に認定されました。
 これは法律に定められた20項目をクリアするもので、同社は信頼メーカーとしての地位を確立しました。
 「製品を消費者に販売しているわけではありませんが、快適な暮らしと安全を見守る縁の下の存在としてせめてガスメータのある場所だけでも知っておいてほしいと思います」
 江戸川の河川敷に面した環境にも恵まれた社屋から安心のガスメータが出荷されていきます。

会社情報

江戸川に面した本社工場
江戸川に面した本社工場
MAP

(株)竹中製作所 市川工場

市川市市川南5-1-33

昭和34年設立 従業員150名

【事業内容】
各種ガスメータ製造・修理
電話:047(323)2188