ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

工作機械メーカー 船橋市

株式会社森精機製作所
 工作機械のトップメーカーとして知られる株式会社森精機製作所。昨年10月、船橋市北部のハイテクパ-ク内に千葉事業所がオ-プンしました。豊かな自然環境の敷地に最新鋭の設備が勢揃い。産業から医療まで幅広い分野で製品が活躍しています。

工作機械で世界のトップに! 千葉事業所は次世代の生産拠点

生産された製品の主な用途

 機械をつくる機械の工作機械メーカーとして世界第1位のシェアを誇る(株)森精機製作所。戦後まもない昭和23年(1948)、奈良県大和郡山市でメリヤス機械の製造・販売を開始したのがはじまりです。設立後10年間は戦後のインフレ経済に直面し、小さな町工場にとっては苦難の連続でした。

 

高精度立形マシニングセンタNV5000

機能やデザイン面で各賞を受賞した高精度立形マシニングセンタNV5000

複合加工機MT1500

千葉事業所で生産している複合加工機MT1500

2軸制御CNC旋盤CL1500

2軸制御CNC旋盤CL1500

アフターサービス部門も充実

アフターサービス部門も充実

組立ライン

工作機械をつくるための機械、マザーマシンの組立ライン

ショールーム

さまざまな工作機械が並ぶショールーム

工作機械で世界へ躍進

 1958年になるとメリヤス機械から高速精密旋盤の製造・販売に移行。2年後には海外への輸出も行うほど成長し、工作機械メーカーへの転身が大きな転機となりました。
 その後、技術革新によってNC(数値制御)工作機械が登場すると、他社が自社内で学習させるのに対し、森精機は機械とともに社員を国内外のユーザーの工場に派遣。長期指導をしながら、ユーザーニーズを集める努力に撤し、地盤作りに成功。
 同時に機械を展示実演するテクニカルセンターを全国各地に建設。こうした方法でユーザーの信頼を獲得し、急速にNC工作機械のトップ企業へ。1976年には業界第1位にまで大きく成長しました。
 さらに旋盤にコンピュータを搭載し、切削するCNC旋盤でも業界第1位の座を獲得。1980年代に入るとCNC旋盤で培った技術を軸にマシニングセンタを開発。ハイテク機械としてより複雑な形状の金型加工も可能になり、高速・高精度のニーズに対応していきます。

次世代機の生産拠点

 現在、工作機械はマシニングセンタとCNC旋盤の機能を1台に集約した複合加工機と呼ばれるものが台頭してきています。1台で省スペース、工程集約による作業の効率化、加工誤差がなく、精度向上など次世代の工作機械として注目されています。
 昨年10月オープンした森精機製作所千葉事業所は、複合加工機の生産拠点です。最新設備を配備し、組立エリアでは品質を保ちながら生産効率を最大限に高めるため、ワンスペースで完成までを行うオートキャンプ方式を採用。
 生産販売をサポートするオフィスエリアでは提案からアフターサービスまで一貫して行っています。油にまみれたイメージはなく実にクリーンな工場。ここではマザーマシンと呼ばれる機械をつくるための機械も生産しています。

産業、医療分野で活躍

 工作機械というと馴染みがないように思われますが、さく岩機、携帯電話や弁当箱の鋳型から自動車のエンジンやドアミラー、電車の車輪削正マシン、医療分野では人工骨と実に幅広い分野で活躍中です。
 こうした商品ラインアップの拡充にいち早く取り組み、2002年には先進的機能をもったマシニングセンタNV5000が大ヒットを記録し、工業デザインや優秀製品ほか各賞を受賞しました。

未来へ拓かれた事業所

 地域に開かれた事業所として工場見学も盛んです。おもに大学や工業高校などが訪れますが、「未来のエンジニアを目指す若い人たちが、最新鋭の工場と機器を見学しながら工作機械に興味をもってくれたら大変うれしいですね」と同社。
 現在、DCG(重心駆動)という独自の技術を開発。動きに対する歪みが極端に減少するので、精度維持の信頼性もアップする画期的なシステムとして注目されています。「将来的にはDCG搭載機種を拡充し、会社発展につなげたい」と話しています。

会社情報

森精機製作所千葉事業所
MAP

森精機製作所千葉事業所

船橋市鈴身町488-19
電話:047(410)8800

URLhttp://www.moriseiki.com