ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

食酢醸造 鎌ヶ谷市

私市醸造株式会社
 鎌ヶ谷市の私市醸造株式会社は食酢やマヨネ-ズ、ドレッシングなどの醸造販売をしています。戦後、東京から鎌ヶ谷へ移転。伝統を生かした製造工程によりゆっくりと時間をかけて熟成を重ねる私市ブランドの魅力とは?

プロが認める伝統のすし店専門酢 黒酢ブームの新商品ヒットで躍進

杉づくりの大桶

杉づくりの大桶。自然発酵によって熟成を待ちます

 料理の・さしすせそ・の一つである酢は、酢の物などに代表されるように欠かせない調味料のひとつ。私市醸造が食酢醸造を始めたのが戦後まもない昭和21年、鎌ケ谷に移転してからです。
 大正11年に創業し、東京で24年間すし店専門酢の仕入れ販売を行っていましたが、その後も一件一件に直販してきたことが、信頼を生み躍進をとげた大きな要因となっています。
 「対面販売による営業が今日までのいしずえ、それを発展させたいと思いました」と私市一康取締役。地域に根を張りながら、北進により需要を開拓し、現在の顧客は関東を中心に東北にまで及ぶ5000件。多くのこだわりのすし店から、長年にわたって採用され続けています。

 
一般家庭用の食酢製品 くろず(純玄米酢) くろず醤油
一般家庭用の食酢製品。すし酢、純米酢、醸造酢どれも熟成されたキサイチブランド くろず(純玄米酢)
玄米のみを使用し、大桶で仕込み醸造されたもの。ビタミン、ミネラルや、各種アミノ酸を含んだ食品です
くろず醤油
キサイチの新ブランドとして昨年の発売以来売上げを伸ばしているヒット商品。黒酢&醤油のありそうでなかった本命!

業務用のすし酢

業務用のすし酢。すし店専門酢として60年以上にわたる実績を持つ伝統の一品

鎌ヶ谷の名産である梨を使い、オリジナル酵母と酢酸菌で仕上げたフルーツビネガー

鎌ヶ谷の名産である梨を使い、オリジナル酵母と酢酸菌で仕上げたフルーツビネガー。おいしい酢としてあらゆる料理にむきます

びん詰された食酢にラベルを貼る生産ライン

びん詰された食酢にラベルを貼る生産ライン

大桶で熟成させる伝統製法

 鎌ヶ谷の本社に隣接した工場を案内してもらうと、大きな桶が屋内に静置されています。昔ながらの木桶を使った製造工程が私市の原点。東北の酒蔵から不要になった大桶を買入れ、すぐれた酢酸菌(酢を作る菌)を用いて自然発酵させます。大桶で発酵後、長期間熟成され、コクのあるお酢が出来ます。
 酒粕を3年ねかせ、発酵に3ヵ月、熟成にもう3ヵ月を要します。アルコールを抽出した琥珀色の赤酢を眺めるとき、私市さんの表情がゆるむ瞬間です。野鳥の写真撮影が趣味の私市さん。鳥の生態とシャッターチャンスを見逃さない眼差しが酢作りにも注がれているよう。ゆっくり時を重ね発酵する熟成の美学はスローフードに基づく伝統のなせる技です。

特産いかした梨の酢も

 伝統的な製造法とは対照的にドイツから発酵プラントを輸入し、最先端の技術を導入。しかし、品質管理はすべて人間の力。
 「良いお酢を作るにはそれだけ手間暇が必要です。酢は生き物ですから目を離さずコントロールすることです」とまさに杜氏顔負けの徹底ぶりが良質の酢作りの秘訣。
 販売はすし店など業務用が4割、生協2割、残りはドレッシングやマヨネーズなど。
 環境にも配慮し、15年前から酢を充填する瓶の再利用化に取り組んできました。鎌ヶ谷ブランドとして地元の特産である梨を原料にした梨の酢も評判は上々。市場に出せない梨の有効利用からはじめたもので、地域との関わりが商品づくりにいかされた鎌ヶ谷ならではの特産ブランドです。

くろず醤油が大ヒット

 現在、食酢業界は黒酢ブームにのって上げ潮の勢いが続いています。美容と健康に効果があるといわれ、血液をサラサラにする働きや生活習慣病予防効果が注目されています。
 私市オリジナルのくろず醤油はヒット商品として売り上げを伸ばしています。減塩と黒酢の効果が最大の売り。ここでも半年かけて熟成させ、コクがあり風味豊かな一品に仕上がっています。醤油と黒酢の結びつきは画期的な調味料として期待が膨らむところ。
 「今後も昔ながらの製法を守り、食生活のニーズに合わせた商品開発を続けていきたいと思っています」。商品は鎌ヶ谷の本社で購入できるので、ぜひ足を運んでもらいたいと地元密着も強調しています。
 野田の醤油、流山のみりんと並んで鎌ヶ谷ブランドの食酢は食卓とのかけ橋を目指します。

会社情報

私市醸造株式会社
MAP

私市醸造株式会社

鎌ヶ谷市東道野辺6-7-45

交通=東武野田線馬込沢駅徒歩10分
商品購入は月~金8:00~17:00
電話:047(443)2511

【沿革】
大正11創立。昭和21年鎌ヶ谷に移転食酢醸造開始。昭和55年農水省よりJAS認定工場に指定