ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

新聞印刷 船橋市

朝日日刊スポーツ印刷社
 朝刊がポストに届くと、一日の始まりを感じるものです。活字離れが叫ばれる中、毎日目を通す新聞は身近な存在といえます。読みやすく、確かな情報を網羅した新聞は時代を写す鏡といえます。船橋市の朝日日刊スポーツ印刷社は、地域密着で高品質な新聞を印刷し、地域とのふれあいにも積極的です。

印刷事業で人と社会に貢献 読みやすくきれいな紙面を

朝日新聞、日刊スポーツ新聞をはじめとする主な印刷物。

朝日新聞、日刊スポーツ新聞をはじめとする主な印刷物。

 朝日日刊スポーツ印刷社はその名の通り、朝日新聞と日刊スポーツグループの合弁によって1992年に設立されました。千葉県を中心に茨城県や東京都の東部がテリトリーの印刷拠点として、朝日新聞の朝夕刊、日刊スポーツなど一日平均100万部を印刷しています。
 新聞以外に折り込み広告やタウン紙、広報紙などの商業印刷も行っています。

 約1万5千平方メートルの広大な敷地を有する工場内は、コンピュータ制御のオフセット輪転機や自動製版機などのハイテク設備が管制室で集中管理されています。

 新聞各社から送信されてくる紙面内容のデータを受信し、フィルムを自動製版機にかけ、刷版と呼ばれる印字面や色版を作ります。これを新聞印刷の心臓部である1時間に15万部印刷できる高速オフセット輪転機にかけて印刷するシステム。

 輪転機のスピードは車に例えるなら時速50キロ。スピードはもちろん、色のズレがないか、刷り上がりをチェックし、トラックで配送され、販売店から購読家庭へ届けられます。

 

4階の発送場

4階の発送場。自動化された機器で部数を数え、コース別の宛名を乗せ、包装、結束して積み出し口へ搬送します。

輪転機の紙繋ぎを準備する巻き取り紙自動支度装置

輪転機の紙繋ぎを準備する巻き取り紙自動支度装置

高品質へ 技術力アップで

 高い紙面品質が求められる時代。読者やスポンサーのニーズに応えられる読みやすくてきれいな紙面を刷ることが至上命題だからです。
 機械任せにせず、微妙な色の質感など、ハイテク機械と人間の技を融合させながら高品質を追求する技術力の向上に取り組んでいます。

 「現場の技術力が土台」と竹田肇社長自ら率先し、創意工夫や各工程の管理、ミスを防止するきめ細かい確認作業を徹底しています。その結果、きわめて省人化された工場となっています。

 「大事な所は人間の力」と社員の個性とチームワークを尊重し、人材育成にも余念がありません。平均年齢31歳の若くて元気な会社は、将来が楽しみです。

地域に根付く企業へ 省エネにも努力

 地元密着の理念は創業11年を経過し、地域との連携が結実してきました。創業記念日である毎年5月22日には「さつき祭」を開催。地元自治会や関連会社の社員との交流と親睦を深める恒例イベントとなりました。

 節電や資源対策にも創業以来、積極的に取り組んでいます。無駄になってしまう紙を減らす損紙率削減もそのひとつ。成果も数字となって表れ、コスト削減を実現。無駄を省くことが、技術力の向上と高品質な商品につながることをスタッフ一人ひとりに浸透させています。

 新聞朝刊は、40頁体制となり、カラー面も年々増えています。情報の豊富さや曜日ごとの特色ある紙面作りが目立ちます。
 「印刷事業を通じて社会の繁栄と人々の幸福に貢献するのが役目。活字離れが指摘されますが、新聞は密度の濃い情報が網羅されています。早く確実にきれいな紙面を印刷することで新聞の良さを見直してもらえたらと思っています」

会社情報

(株)朝日日刊スポーツ印刷社
MAP

(株)朝日日刊スポーツ印刷社

船橋市日の出2-16-5
1992年5月設立 従業員75名

【事業内容】
朝日新聞朝夕刊、日刊スポーツなどの新聞印刷及び自治体広報紙・折り込み広告などの商業印刷

電話:047(435)8955