ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

パッケージ製造 船橋市

瀧川化学工業株式会社
 船橋市習志野に工場を構える瀧川化学工業株式会社はパッケージ製造分野でトップクラスのメーカーです。50年以上にわたる研究開発がもたらした独自の技術は、高品質で人と環境にやさしい商品を産み出しています。

高品質パッケージ市場を牽引 人にやさしく便利な商品を追求

ラミネートと呼ばれる貼り合わせのパッケージ商品

ラミネートと呼ばれる貼り合わせのパッケージ商品

 商品にとってネーミングが名前ならパッケージは顔といえます。スーパーマーケットなどで目にする食品や薬などの医療品まで、高品質なパッケージをつくり続けているのが瀧川化学工業株式会社です。

 同社は明治時代に和楽器製造会社として創業し、昭和24年にプラスチック製品の製造に着手。以来、50年以上に亙るプラスチック加工において独自の技術を駆使し、国内でもトップクラスのタキガワブランドとして注目されています。

 平成14年に現在の船橋市習志野に工場を新設。半世紀の技術と最新鋭の設備を整えた生産拠点として機能を集約した結果、企画デザインからフィルム・印刷・製袋までの一貫生産体制を実現しました。

 

エコ商品

ポリプロピレンフィルム・チューブは地球にやさしいエコ商品

スライドキャップ

空気で包みスライダーで開閉できるスライドキャップ

スライドライト

持ち運びや保存性に適したスライドライト

用途に応じて特性いかしたパッケージ

 パッケージは多品種少量化の時代となり、商品サイクルも速くなっています。そのため、新商品に応じた製品づくりのオーダー体制の確立が急務です。商品もバリアー性に優れた米袋、精密機械用には『エクスパンダーパック』など多種類のプラスチックフィルムの中から用途に応じて作ります。選択したフィルムを幾層にも貼り合わせ、中身を包装するのにもっともふさわしく特性をいかした製品作りが求められるからです。

 食品の包装材が7割を占めるだけに衛生面に細心の品質管理が要求されます。クリーンルームなどの環境づくりにも力を入れ、工場全体がひとつのパッケージ空間となっています。
 「物流システムが短縮化され、消費者との距離が近くなった分、徹底した品質管理でモノ作りをし、安心して消費者へ届けられる商品作りを追求していきます」と同社。パッケージという商品を通じて個性を主張するのが瀧川ブランドの真骨頂です。

看板商品スライドライトで市場拡大

 “技術のタキガワ”の名を知らしめた商品がアメリカ企業と技術提携の末開発した『スライドライト』。使い残しもチャックを締めて保存できるパッケージ分野における密閉容器です。その名の通りスライド式のチャック袋のことですが、商品の保存や取り出しがスムーズで品質の劣化防止にも一役買っています。「基本はシンプルで使いやすいこと」。従来の包装形態により高い機能と付加価値が求められる市場の流れに着目したアイデア商品です。持ち運びや保存性も高く、多彩な機能を持つのが最大の特徴で他社製品を大きくリードしました。簡単、便利・安全性の高い商品としてヒット中です。
 「スライドライトはこどもから高齢者まで安全で使いやすいように配慮したバリアフリー社会に適合した商品です。これからは人と環境にもやさしい商品でなければなりません」

消費から再生への循環還元型社会を目指し

 プラスチック製品は便利な反面、大量消費の象徴でもありました。便利さを享受した反面、使い捨てによる環境への影響も問題化。そこで、環境に配慮しながらリサイクル率を高めることを使命と考えています。

 環境への対応として、パッケージは内容物を保護するだけでなく使用後も別な用途に使える循環還元型社会を目指しています。プラスチック製品を使用後油化還元し、燃料化する技術も将来的に実現していく考え。
 技術面においてもプラスチック加工製品は記憶形状や多機能化が進み、用途も増しています。プラスチック製品は便利さと資源の大切さを同時に物語っている「人と自然が共存するパイプ役」のような存在なのかもしれません。

会社情報

瀧川化学工業株式会社
MAP

瀧川化学工業株式会社

創業 1906年(明治40年)
設立 1951年(昭和26年)

本社 船橋市習志野4-12-1

電話:047(403)6300(代表)