ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

市川市(4月)

 万葉の歴史を今に伝える市川市は文化遺産の宝庫で、街そのものがひとつのギャラリーといえるほど、魅力的なスポットが点在する。豊かな自然に囲まれた北部とは対照的にJR市川駅周辺は、異彩を放つモダンなギャラリーが実に多い。

伝説のレーサー浮谷東次郎の愛車が眠る永遠のピット

トージスルーム

トージスルーム

 伝説のレーサー・浮谷東次郎の遺品が眠る「トージスルーム」は、ファンの手によって東次郎の生家の敷地内につくられた。東次郎は1942年市川市の新田で生まれ、中学3年の時に大阪・和歌山まで往復1500kmを単身走破。この記録は著書「がむしゃら1500km」に詳しく書かれ、ほとばしる熱いメッセージは、青春のバイブルとして読み継がれている。
 その後は、持ち前の感性と天性のドライブテクニックを生かし、レーサーとして活躍。1965年には第1回全日本自動車クラブ選手権など4種目で優勝。中でも船橋サーキット(現船橋オートレース場)で、トヨタS800(ヨタハチ)を運転して雨中の逆転優勝は、奇跡の走りとして語り継がれ、東次郎の名を永遠のものにした。だが、サーキット走行中に人を避けようとして23歳という″速すぎる一生に幕を閉じた。国道から一本隔てた敷地内は、東次郎の死と同時に時が止まってしまったかのように静かな佇まいで楠の大樹の葉が風にそよぐ。
 「弟の死によって私たちの人生も大きく変わってしまいましたが、逆に多くの人に出会えたことを感謝しています」と姉・朝江さん。
 トージス・クラブは東次郎のファンを中心に構成する全国的な組織で、阪神大震災では大阪のクラブ員がボランティア活動で働いた。「周りに愛がもたらされ、天国のよう」だと朝江さんはいう。
 現在、ギャラリーは改装中だが、敷地内は教会と隣接しており、「見学したい方は日曜日の礼拝に参加し、食事と語らいの後、見て頂いています」と朝江さん。東次郎が生前言っていた「月謝のいらない学校」に近い施設が運営できたら…と考えている。

 

トージスルーム

所在地:市川市新田1-16-28
Tel:047-322-2018

赤い屋根から文化の調べ ギャラリー&ホールに改装し

西洋館倶楽部

西洋館倶楽部

 大正時代に日本人の設計によって建てられた赤い三角屋根の洋館。かって周辺は、黒松の林で洋館もあちこちで見られたが、当時のままで残っているのはここだけ。3代目の持ち主渡辺俊司さんは、建物の修復工事を行い、ギャラリー&コンサートホールとして西洋館倶楽部を1995年にオープンさせた。市民サークルからシャンソンを中心にしたプロのリサイタルまで幅広く利用されている。シャンソニエールホールは客席50ほどのミニホールだが、「銀巴里」や今月閉館する渋谷「じゃんじゃん」のような文化発信地を目指している。
 建物は戦時中に焼夷弾が落とされた。近所の人たちとの消火活動で焼失を逃れ、2階の壁には不発弾の落ちた跡が今も生々しく残っている。「多くの人の手によって守られてきた建物ですし、どうしても保存したかった。音楽ホールにしたのは身近でいい音楽を聴いていただきたかったから」と渡辺さん。
 目まぐるしく移りゆく時間の中で、大正ロマンのおもかげ漂う西洋館から、今日も文化の調べが奏でられる。
 (国有形指定文化財)※館内は一般見学できません。

 

西洋館倶楽部

所在地:市川市新田5-6-21
Tel:047-322-2012

里帰りの珈琲カップ3000客 趣味で集めたコレクション

麻生珈琲店

麻生珈琲店

 江戸時代から明治、大正まで海外へ輸出されたコーヒーカップをコレクションしているのが「麻生珈琲店」の麻生洋央さん。その数は3000客を超え、すべて17世紀の中頃、オランダの東インド会社が東洋磁器の輸入貿易に力を入れ海を渡ったものばかり。当時は古伊万里製品がヨーロッパで人気になるなど、浮世絵と並んで、ジャポニズムが西洋文化に新風を送り込んだという。
 初期のカップは猪口風で、ハンドルは付いていなかった。自慢は1867年パリ万博に出品したカップで、当時は焼き物の陶器であった。「貿易カップだけを集めている人は少ないでしょうね」と語る麻生さんは自称コーヒーカップ研究家。
 店内には染付赤絵の柿右衛門様式や、シンメトリーが美しい伊万里様式のカップが陳列されている。1客40~50万、100万円単位の物も。海を渡って里帰りしたカップを眺め、歴史に思いを馳せてみるのもいい。

 

麻生珈琲店

所在地:市川市新田4-17-9
Tel:047-377-2945
水曜定休 12時~24時

その他

MAP

サロン・ド・グランパ「相田みつをギャラリー」

心あたたまるメッセージで人気の相田みつをの書などを展示。
市川市真間1-5-7
【TEL】047-393-0011

小さな楽器博物館

世界で唯一つの18弦ギターなど民族楽器が100種類以上。希望に応じて演奏も。
市川市市川1-8-2駅前ビル4F
【TEL】047-326-1574 日曜のみ