ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

市川市(5月)

 考古資料の宝庫である市川市北部は堀之内貝塚を中心とした歴史ゾーンとして知られる。豊かな自然を背景にした台地には考古、歴史など郷土学習施設が整った地域として広く市民に利用されている。そんな中、市内で初の私設美術館が北国分に今年開館した。

先土器から平安まで 古代の文化遺産を展示

考古博物館

考古博物館

 市立考古博物館は、昭和47年に建てられた市川市初の博物館である。堀之内貝塚を公園として整備した駒形と呼ばれる台地上に博物館は建つ。ここから市の北西部が一望でき、国分に住んでいた作家の井上ひさしも好んだ風景である。堀之内貝塚は馬蹄形貝塚としては国内最大規模。明治時代から広く知られ、ここから出土された一連の土器は「堀之内式土器」と呼ばれ、縄文時代の後期前半に位置づけられている。
 館内は先土器時代から平安時代までパネルやジオラマで展示。石器時代この地では、石の採集が出来なかったにもかかわらず、多くの石器が出土していることから、「魚の干物や薫製など保存食と物々交換のネットワーク社会がこの頃すでに完成されていたのでは」と堀越正行館長。
 現在調査中の国府台遺跡は速報展を開催中だが、今回の調査で同遺跡は、環掘りで囲まれた集落と外側の溝によって形成されている方形周溝墓であることがわかり、弥生中期の村落を知る手がかりとして注目されている。
 律令国家の時代になると下総国の国府が置かれ、国分一帯は政治・文化の中心地として発展していく。周辺からは他の地域にはみられない釉(うわぐすり)が塗られた気品のある色合いの器が数多く出土し、身分の高い人の愛用品だったと推察される。国分寺の軒先瓦は全国でも珍しい宝相華文(ほうしょうかもん)が用いられている。仏教の世界では、一年中天国で咲いている華という意味だという。
 同館では時代別に学芸員の説明を聞きながら学べる市川歴史カレッジを毎月第2土曜日に開講中。

 

市川市考古博物館

所在地:市川市堀之内2-26-1 Tel:047-373-2202
開館時間/9時~17時/月曜休館 無料

中世以降は関所に軍都 地の利生かして水陸で産業が発展

歴史博物館

歴史博物館

 考古博物館開館から10年後、平安以降の歴史を網羅した市立歴史博物館が建てられた。入館すると、松井天山の筆による鳥瞰図に目を奪われる。昭和2年当時の街並みが一軒一軒描かれ、現在と比較してみるとおもしろい。「土地勘が少しでもあると楽しんで見られます」と長坂晴彦館長。鳥瞰図の隣には泥メンコや紙メンコ、ベーゴマなどの昔なつかしい子どもの遊び道具を陳列し、童心を呼び戻す。
 館内は生活や産業などをテーマ別に展示。水路と陸路の関わりに焦点を当てたゾーンでは、行徳街道のそば屋・笹屋の看板がそのまま展示され、河岸や街道のにぎわいぶりをうかがわせる。行徳塩や八幡の梨など、地場産業の展示では、地の利と先人の偉業を伝え、伝統行事として知られる辻切りに使う大蛇も毎年飾られている。
 大野町の民家を移築展示しているのも当時の暮らしぶりを知る上で貴重だ。将門伝説が残る大野町では、第五中学校敷地の北端にある石の祠を将門さまとして供養し続け、鬼門である成田山参詣にはいかないという信仰が今も根強い。
 市川ゆかりの人物では、鬼越出身でスポーツの父といわれる坪井弦道の功績を讃え、文化人との書簡などを展示。
 同館では夏休みには草履作りなどのイベントを開催。今後はベーゴマやけん玉などの伝統的な遊びを伝えていきたいと話している。

 

市川市歴史博物館

所在地:市川市堀之内2-27-1 Tel:047-373-6351
開館時間/9時~17時/月曜休館 無料

風景は心のあらわれ 北総台地の自然を残したい

緑のまちのアートサロン

緑のまちのアートサロン

 北総台地の自然に魅せられて、北国分の自宅を美術館と音楽室に改装したのが洋画家・竹内庸悦(ようえつ)さんだ。2000年オープンの「緑のまちのアートサロン」はその名の通り緑豊かな閑静な住宅街にたたずみ、風景画家らしく「地元の自然を残したい」と所蔵作品を展示している。
 階段を昇って扉を開けると、奥行きのある空間の四方の壁に額縁の絵がかけられている(写真)。油絵や水彩画、ガラス絵といわれるものなど繊細なタッチでヨーロッパ諸国の情景を自分の心象風景として描出している。
 「文化都市といわれながら市川には美術館がない。個人的なギャラリーだが、風景を残す運動を広げてたくさんの人に見てもらいたい」
 絵を見るだけでなく、音楽室で3000枚近くあるクラシックのCDを聴けるのもうれしい。周辺を北総の武蔵野と呼ぶ竹内さんは自宅からほど近い小塚山の風景に魅せられ、四季折々の表情を描き続けている。その小塚山公園では時折森の音楽会を開催。チェロ、フルート、シンセサイザーの演奏に合唱が自然にこだまする。音楽会後には竹内さんの作品のチャリティー即売会も開催し、収益はボランティア活動費に寄付する。

 

緑のまちのアートサロン

所在地:市川市北国分2-17-15 Tel:047-372-8408
見学希望者は事前に連絡を

その他

MAP

市川自然博物館

大町に広がる動植物園などレクリェーションゾーンの一角。園内には約2キロの遊歩道があり、5月には花菖蒲、夏にはホタルの観察ができる首都圏では数少ないスポット。

所在地:市川市大町284
Tel:047-338-1960