ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

千葉市美術館/佐倉市立美術館

クイズやワークも楽しい美術館

千葉市美術館の「シャガール展」

千葉市美術館の「シャガール展」では油彩画を含む約190点を紹介

 時には、心にビタミンを──。身近な美術館や博物館でゆったり過ごしてみませんか。趣向を凝らした企画展や催しなどが楽しめるミュージアムに6回シリーズでご案内します。
まずは、千葉市美術館と佐倉市立美術館から。講演会やイベントも色々、エントランスに修復・保存されている旧銀行の歴史的建築物も見どころです。

 

竹下都さん

講演会「シャガールの故郷にて」の講師・竹下都さん(左端)。同館は展覧会の会期中に講演会を開いている

さや堂ホール

千葉市に残る貴重な旧銀行の建物を修復・保存した「さや堂ホール」

外観

上記の旧建物を新しい建物で包み込んだ外観(中央区役所併設)。同館は1995年に開館。展示室は7、8階にある

ワークショップ

人気を呼ぶ佐倉市立美術館のワークショップ(昨年度)。「美術館に行こう!」では色紙でブルーナの作り方を体験

外観

同館は歴史的建造物・旧川崎銀行佐倉支店の保存と活用を考慮して建設され、1994年に開館した

空宙モヌメント《燦》

下から見上げた「空宙モヌメント《燦》」高橋秀

企画展が多彩な千葉市美術館

美術鑑賞は見たまま、感じたまま、心で受け止めるだけでも楽しいが、ちょっとしたヒントが思わぬ発見や感動へと導いてくれる。
先日、千葉市美術館で開催されたシャガール展でのこと。「…赤いドレス…鳥みたいな顔……私はどの絵の中にいるか、わかった?」と書かれたクイズカードを手に喜々として絵を見ている小学生がいた。記者も、作家の故郷ヴィテブスク(旧ロシア・現ベラルーシ共和国)をテレビ番組のため取材したという竹下都さんのスライド講演に参加した後だっただけに、謎解きの楽しさに共感を覚えた。
千葉市美術館のコレクションは「房総ゆかりの作品」、「近世・近代の日本絵画・版画」、「1945年以降に制作された現代美術」の3分野で構成され、多彩な企画展が催されている。特に、喜多川歌麿、葛飾北斎など江戸時代の絵画や、棟方志功など昭和初期までの版画を多数収蔵、浮世絵の美術館として親しむファンも多い。
同館では、前記のシャガール展のように会期中の展覧会に関する講演会や、コレクションを解説する市民美術講座を開催(次回は8/25)。ボランティアのギャラリートークや、手作りの子ども向けクイズカード、セルフガイド(解説リーフレット)もある。展覧会を倍楽しむ法としてこれらの活用はお勧めだ。学芸員の松尾知子さんは「企画展毎に会場のレイアウトを一新、作品にふさわしい空間づくりをしているので、雰囲気も楽しんでいただければ」と話す。
建物の象徴的な存在「さや堂ホール」も見逃せない。昭和初期に建設された旧川崎銀行千葉支店を修復・保存したもので、ネオ・ルネサンス様式に触れることができる。

夏休みは催し色々佐倉市立美術館

建物といえば佐倉市立美術館も同様に、大正中期に建てられた旧川崎銀行佐倉支店を修復・保存し、エントランスホールとして一般に公開している。
同館は、佐倉や房総にゆかりの作家や作品を中心に収集活動を行っていて、18年度は上野泰郎、篠崎輝夫の絵画やデザイナー・森谷延雄の腰掛け(再制作)など19点を収蔵。6月から約2カ月にわたる新収蔵作品展でそれらが紹介された。
今は、ミッフィーとあそぶ夏休み「美術館に行こう!」展が中盤を迎え、子どもたちを魅了している。ミッフィーの生みの親ディック・ブルーナは、オランダを代表する絵本作家でありグラフィックデザイナー。同館はこれまでにも、佐倉市と友好関係にあるオランダの作家や作品の紹介をしてきた。
絵本『ミッフィーのたのしいびじゅつかん』(1997年)にはブルーナが影響を受けたであろうモダンアートが登場し、それらを小さなミッフィーが楽しみながら理解していく過程が描かれている。同展では、物語の7つのテーマに沿って収蔵品を紹介するほか、ブルーナがどのように独自の技法やスタイルを生み出していったのか、ペーパーバックのデザインなどを通して、ブルーナスタイルの秘密を探る。
また、ミッフィーの絵本をモチーフに、色紙を使ってブルーナの作り方を体験するワークショップも行われる。親子で美術館に足を運んで、夏休みの思い出づくりをしてみてはいかが。

直近情報

千葉市美術館

「都市のフランス自然のイギリスー18・19世紀絵画と挿絵本の世界ー」
「若沖とその時代」(同時開催)……9/17(祝)まで
9/7(金)18:00~「東京フィルフレンドシップミニコンサート~イギリスとフランスの作曲家達の夕べ~」さや堂ホール・先着150人・無料
9/15(土)14:00~講演会「19世紀のパリ、都市の自画像」
講師/小倉孝誠(慶応義塾大学教授)先着150人・無料

住所/千葉市中央区中央3-10-8
交通/JR「千葉駅」東口から徒歩15分
京成「千葉中央駅」東口から徒歩10分
電話/043-221-2311
www.ccma-net.jp


佐倉市立美術館

「美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダンアートの楽しみ方」展……9/17(祝)まで
8/29(水)、9/5(水)、12(水)10:30~、11:15~おはなし会
9/2(日)、16(日)11:00~ オランダ語であそぼう
会期中毎日ミッフィーのDVD上映、色紙ワーク「作ってみよう」
  • ※9/19(水)~9/30(日)『ミッフィーのたのしいびじゅつかん』の言葉から想像して描いた作品を募集し展示

住所/佐倉市新町210
交通/京成佐倉駅から徒歩8分
電話/043-485-7851
www.city.sakura.lg.jp/museum

ミッフィー

Illustraitions Dick Bruna
(c) copyright Mercis bv,1953-2007
www.miffy.com