ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

千葉県立関宿城博物館

川と人の関わりを展示と体験で

千葉県立関宿城博物館

千葉県立関宿城博物館は平屋建てで一部天守閣造り、平成7年に開館。多くの模型や映像資料を用いビジュアルに展示

 千葉県立関宿城博物館は、県最北端の利根川と江戸川が分流するスーパー堤防の上にあります。「河川とそれに関わる産業」を展示のテーマとし、利根川流域に生きた人々の生活や歴史を紹介、講座や体験、イベントなどのメニューも多彩です。白い天守閣の外観は風情も満点、空気が澄んだ冬などは富士山を頂き一幅の絵のようです。

 

御座船

第3展示室では、利根川流域が育んできた信仰など独特の民俗も知ることができる。鮮やかな御座船が目をひく

カヌー教室

同博物館では様々な体験教室を開催。カヌー教室は今年も人気を呼んだ

竹馬にチャレンジする子どもたち

毎土日に行われる「昔遊び」で竹馬にチャレンジする子どもたち

天狗

アンバ信仰発祥の大杉神社に奉納されている天狗。アンバは神社の地名に由来し、神社の縁起によると、のちに安婆、阿波、安波、安場、安葉などと表記されるようになった

利根川遊覧

「境の渡し」から利根川遊覧が楽しめる。中央に見えるのは江戸川の水閘門

大杉神社の御神木

大杉神社の御神木・三郎杉で幹周り6.5m、樹高28m。太郎杉は焼失

水運の要衝として繁栄した関宿

 千葉県立関宿城博物館は、千葉県最北端の利根川と江戸川に囲まれた野田市関宿三軒家・スーパー堤防にある。天守閣の外観は、関宿城(江戸城富士見櫓とほぼ同じ)を古い記録に基づいて再現したもので、建物自体が大きな展示物。川風になびく黄金色の"稲原"に彩られた白亜の城は美しく見えた。
 「博物館の立地柄、利根川流域の治水の歴史や、河川に育まれた産業・文化をビジュアルに展示しています」と学芸課長の太田文雄さん。
 徳川家康が江戸に入府以来進められた河川改修で、東京湾に注ぎ込んでいた利根川の流路は銚子を河口とするそれに変貌。関宿は近世から近代にかけて水運の要衝として繁栄した。江戸期は幕府の要職にある譜代大名が関宿藩に配置され、水関所も設けられた。対岸は輸送の中継点となり、河岸場ができて商業が発達。人々や様々な物資を乗せた高瀬船が往来し賑わった。
 博物館は、水運に活躍した高瀬船の大型模型や実物の帆(一部)を展示。4階の階段からつり下げた帆は全長約14メートル、1階まで届く。高瀬船に帆掛けると大体4階建てのビルを仰ぎ見る感じになり、その巨大さが想像できる。河岸問屋や醤油蔵の再現コーナー、近世の境河岸の賑わいや近代の築堤工事の様子などの模型もあり、子どもたちも楽しく学べる。
 関宿藩に関する展示では、21代藩主・久世広周(くぜひろちか/在城主期間1830~1862)のもとで活躍した土木治水家・船橋随庵の血書も見逃せない。随庵は排水路工事により水田の改良に尽力するが、無許可の疑いで投獄。身の潔白を訴える血で書いた貴重な資料だ。
 4階の展望室からは関東一円の山並みと川の帯が一望できそうなほどの眺望が。巨大な帆掛け船が何艘も行き交う、かつての日常風景を想像し時空の旅をするのも楽しい。

企画展ゆかりの地を訪ねる講座

 同博物館の魅力は展示にとどまらない。歴史講座や郷土食講座、野外講座、体験教室、さらにイベントもあり、それぞれメニューも多彩。
 企画展「天狗への祈り・大杉神社と利根川水運」が10月18日(木)から12月2日(日)まで開催される。江戸時代から利根川中・下流域の船頭や農民に信奉され、今に伝わるアンバ信仰について紹介するもので、解説会やゆかりの大杉神社を訪ねる野外講座「川の歴史散歩」も行われる(下枠参照)。
 アンバ信仰は利根川水系の守護・大杉神社(茨城県稲敷市阿波)が発祥で、神の使いである天狗に疱瘡や疫病除け、水難など悪魔払いを託すのが特徴的。今日でも野田市など各地の祭にこの信仰が見られる。
 毎週土・日曜には昔遊びコーナーが登場。10時から15時まで地域の人が竹馬やベーゴマ、こまなどを指導する。チャレンジカードを発行し1級になると記念撮影の楽しみも。ボランティア活動はほかにも、展示解説やイベントの補助、資料整理などがあり希望者を募集している。
 博物館周辺には、終戦当時の首相だった鈴木貫太郎記念館、昌福寺、関宿にこにこ水辺公園などがある。対岸の「境の渡し」から現代版高瀬船で江戸川・関宿水閘門までの遊覧も気持ちがいい(運行は4月から9月まで)。
 10月28日(日)は博物館周辺で恒例の「関宿城まつり」が開催されるのでこの機会にどうぞ。

催し情報

  • ●企画展「天狗への祈り~大杉神社と利根川水運~」……10/18(木)~12/2(日)
    【解説会】11/11(日)・25(日) 11:00~12:00/13:00~14:00
  • ●野外講座「川の歴史散歩」……11/3(祝)
    企画展ゆかりの大杉神社(稲敷市)とその周辺を訪ねる日帰りの旅
    申し込み/1カ月前から 定員/30人 参加費/2,000円
  • ●歴史講座「川の歴史と文化を探る」……10/21(日)~2/17(日)毎第3日曜
    13:30~15:30 申し込み/1カ月前から 定員/30人 受講料/200円
  • ●体験教室「城下町を歩こう」……11/10(土)
    10:00~15:00 申し込み/1カ月前から 定員/30人
    参加費(昼食代含む)/大人1000円・子ども600円
  • ●体験教室「縄文なべ」……11/17(土)
    10:00~14:00 申し込み/1カ月前から 定員/20人 参加費/500円
  • ●関宿城まつり……10/28(日)
    9:30~15:30 大名行列・古典芸能・古武道・フリーマーケット他
    関宿城まつり実行委員会主催 電話/04-7198-0161

住所/野田市関宿三軒家143-4
交通/東武鉄道野田線川間駅から朝日バス(境町行)35分、関宿城博物館下車。
国道16号野田市中里陸橋から25分
電話/04-7196-1400
http://www.chiba-muse.or.jp/SEKIYADO/