ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

航空科学博物館

迫力の操縦体験と離着陸見学

ボーイング747-400

ボーイング747-400の操縦・搭乗体験は、実機の感覚で後方のコックピットから操作するもの。10・11・13・14・16時の5回開催

 飛行機の歴史を知り、ジャンボジェット(模型)を操縦し、実際に離着陸する本物の迫力を体感──航空科学博物館(成田空港隣接)では、翼を持たない人類が生み出した数々の素晴らしい飛行技術に出合えます。見て、乗って、触れて感動の体験をしてみませんか。元旦は朝5時に開館し、「1番機と初日の出を見よう」が行われます。

 

YS-11

屋外には同館を代表する日本製のYS-11(手前)が展示されている。仰げば着陸態勢の航空機も

アンリ・ファルマン複葉機の実物大模型

1910年、日本初公式飛行が行われたアンリ・ファルマン複葉機の実物大模型(エントランスホール)

DC-8シミュレーターのコックピット

DC-8シミュレーターのコックピット。成田空港の離着陸を含む15分のフライトが体感できる

観音教寺仁王門

天応元年(781年)の創建とされる芝山仁王尊・観音教寺仁王門。仁王は畳敷きの堂内奥に祭られ、珍しい

芝山はにわ博物館

同寺の「芝山はにわ博物館」には日本最大級の埴輪「背丈の高い男」(千葉県指定有形文化財)がある

世界最大の可動する飛行機模型

 航空科学博物館のメイン展示室に一歩入ると、3本の支柱で支えられたボーイング747'(ダッシュ)400の模型(1/8)が圧倒的なスケールで目に飛び込んでくる。全長・全幅約10メートルもあり、後方に設置したコックピットから操縦して可動させる世界最大の模型装置だ。
 「ランディングギアレバーを下ろし、フラップレバーも下ろして、操縦桿をゆっくり手前に、パワーを絞って…」。スタッフの近藤智司さんの誘導で操縦すると、目の前の大きな主翼のフラップや水平尾翼のエレベータ、車輪が動き、機体は上下左右、自由に"航行"。その様は迫力満点で、飛行機の仕組みがわかる人気の「操縦・搭乗体験」(1日5回)というのもうなずける。
 体験といえばDC-8シミュレーターも好評。正副操縦席を含め14人が搭乗でき、コックピットや客席の窓から九十九里浜やレインボーブリッジなどフライト中の景色が楽しめる。運航は平日3便、土曜4便、日曜祝日6便。操縦席に座り、滑走路ラインや傾く地平線の画面にあわせてフットペダルや操縦ハンドルを操作しているとまさにパイロット気分だ。

 展示されている飛行機のパーツも多彩。ボーイング747に搭載されたジェットエンジンや頑強な窓ガラス、ダグラスDC-8の前脚・主脚などに触れ、改めてその構造や大きさに驚かされた。
 近藤さんによると、エンジンに空気を送り込むJT-9Dターボファンの羽根は47枚あり、熱と強度に優れたチタン合金製。1枚が約100万円で、ちなみに新品エンジンは10億円ほどとか。エンジンに送り込まれる空気に対して、周りに抜ける空気の比率(バイパス比)が高いほど低騒音になることや、主脚のタイヤに刻印された数字は張り替えの回数と知れば飛行機への親しみも増す。

空飛ぶジャンボジェット間近に

 同館は成田空港南側に隣接することから、展望室ではA滑走路に次々と離着陸するジャンボを目の当たりにでき、エンジン音が体感できる。
 丁度、目の前でライトを付けた飛行機が滑走路に向かい、轟音と共に飛び立って行った。「あのライトは離陸準備中のサイン。どんな仕組みで飛行機が動くのか、ルールを知るとより楽しく見学できますよ」と近藤さん。
 同じジャンボでも滑走距離の長さで行き先の遠近がわかるという。エンジン音の変化や飛行機のロゴに思いを巡らせていると時間の経つのも忘れる。土日祝日に行われる解説(随時)を聞きながら、のんびり過ごすのもお勧めだ。
 屋外展示場では、同館を代表する日本製プロペラ旅客機YS-11試作1号機をはじめ、エンジン運転を体験できるムーニー、セスナ411など約20機が見られる。
 時間があれば、同館から南へ車で20分の古刹、芝山仁王尊・観音教寺の「芝山はにわ博物館」を訪れてみては。当地の殿塚・姫塚古墳から出土した埴輪コレクション150点のほか釈迦の一生を描いた岩崎巴人画伯の「釈尊御一代絵伝」などが出迎えてくれる。

催し情報

  • ●クリスマス行事……12/23(日・祝)13:00、15:00
    クリスマスソングを中心としたミニコンサート(三重奏)。
    来館者全員へお菓子のプレゼントも。
  • ●航空科学博物館から1番機と初日の出を見よう……2008年元旦5:00
    2008年元旦は5時に開館。5階の展望室から1番機と初日の出が楽しめる。同日11時30分から「エンジン運転体験」も開催。屋外に展示の飛行機に乗り、飛行寸前までのエンジン運転を体験。当日受け付け、先着順7人
  • ●親子竹とんぼ教室……2008年1/2(水)~4(金)13:00
    当日1階受け付けで申し込みを。先着20人
  • ●企画展「ヘリコプター展」……2008年1/27(日)まで
    展示室2階で。

住所/山武郡芝山町岩山111-3(成田空港隣接地)

交通/電車: 成田空港駅または空港第2ビル駅から路線バス「南部工業団地行き」で航空科学博物館バス停下車
車: 成田IC→空港通過道路→国道296号線手前看板で右折
開館/10:00~17:00

休館/月曜(祝日はその翌日)。12月29日~31日。1月は休館日なし
電話/0479-78-0557
www.aeromuseum.or.jp/

芝山仁王尊・観音教寺「芝山はにわ博物館」(有料)
住所/山武郡芝山町芝山298
問い合わせ/電話:0479-77-0004