ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

市川市東山魁夷記念館&市川市芳澤ガーデンギャラリー

縁(ゆかり)の作家に出会う文化施設

緑映

市川市東山魁夷記念館が開館してから新たに収蔵した作品「緑映」
緑映 Glowing Green
長野県茅野市、蓼科高原を描いた1988(昭和63)年の作品
紙本色彩・額装85.2×130.3cm 右中に「魁夷」朱文方印(魁夷)

 20世紀の日本を代表する日本画家・東山魁夷は、生涯の大半を市川に過ごし、自ら「私の戦後の代表作はすべて市川の水で描かれている」と語っています。今年は生誕100年。身近な市川市東山魁夷記念館で画伯の世界に触れてみませんか。市川市芳澤ガーデンギャラリーでは「陳漢彫刻展」が開かれています。市川市の2つの"街角ミュージアム"を訪ねました。

 

ギャラリートーク

好評のギャラリートーク。1階には画伯の制作風景や画伯愛用品が多数展示されている

外観

ドイツの古い民家をイメージした同記念館の外観

彫刻家・陳漢さん

「来場するたびに新しい発見をしています」と彫刻家・陳漢さん。市川市芳澤ガーデンギャラリーの「陳漢彫刻展」会場で

百樹園

同ガーデンギャラリーの庭園「百樹園」。四季折々の草花が楽しめる

画伯のアトリエに隣接した記念館

 市川市東山魁夷記念館は、東山魁夷画伯が戦後間もない1945年から逝去するまで約50年間住んだ自宅のすぐ側に建つ。三角屋根、白い壁、花が飾られた出窓、そして八角形の尖塔を持つ西洋風の建物だ。画伯が25歳で留学した地でもあり、その後も東山芸術に影響を与えたドイツの古い町並みに想を得た外観というだけに、絵はがきから飛び出たかのような雰囲気が漂う。
 画伯(1908年~1999年)は明治・大正・昭和・平成と4つの時代を生き、その生涯に膨大な日本画作品を残した。終生、自然の風景をテーマとしたが、記念館は、本制作、リトグラフ、遺品、資料など約5000点を所蔵。同館ならではの展示は多くの人を魅了し、開館(2005年)以来10万人が訪れている。
 1階は画伯の人生をたどる資料展示室。「私は生かされている」「自然は心の鏡」「描くことは祈ること」など文筆家でもあった画伯の言葉やスナップ写真、画伯のインタビュー映像、東山の青と言われる56色の岩絵具、愛用品など……。国内外を旅し、心の目から自然を写し取った画伯の人柄に触れられる。
 2階展示室は作品をゆったりと鑑賞する空間。このほど通常展「大版画の世界」が行われ、「静映」「緑の詩」「萬緑新」「山嶺湧雲」「濤声」など迫力の大型リトグラフが一堂に公開された。今、開かれているのは通常展「新収蔵作品を中心に」。新たに収蔵した本制作「緑映」などが7月27日(日)まで公開される(下枠欄参照)。
 開館中の11時と14時に学芸員の作品解説・ギャラリートークが。映像資料を楽しめる多目的室やショップ、カフェレストランもある。
 「秋には、生誕100年を記念するユニークな特別展『童画家・東山魁夷の世界』を企画しています。ぜひご覧ください」と、広く来館を呼びかけている(下枠欄参照)。

芸術と緑の庭園を愛でるギャラリー

 市川市は身近なところで芸術や文化に親しんでもらおうと「街角ミュージアム」と名付けた文化施設のネットワークを推進している。同記念館や市川市芳澤ガーデンギャラリーはその一環。庭園のあるギャラリーとして2004年に開館した。
 市川在住の新進気鋭の彫刻家・陳漢さんの作品展が6月29日(日)まで開かれている。
 陳さんは日本留学で初めて彫刻に出合い、以来10余年、人間の生命・愛・記憶をテーマに人物像を制作してきた。同展はこれらを一堂に紹介するもので、テラコッタによる等身大の人物像を中心に受賞作品など約40点が展示されている。陳さんは「訪れるたびに新しい発見がある」という。自身の彫刻を見直す場にもなっている。
 「彫刻はモデルの生きている体と日々対話しながら積み重ねて形ができていくもの。作者のその時々の心境や感性すべてが作品の中にある」と陳さん。「鑑賞する人の感じ方や経験は各々に違うのだから、最初はタイトルを見ないで、純粋な気持ちで作品を鑑賞し、何かを感じてもらえればうれしい」と。
 広い庭園はクチナシやムクゲの季節を迎える。昭和の初期に市川で亡命生活を送った中国の文学者であり政治家の郭沫若の記念館も近い。散策がてら訪ねてみては。

倍楽しむための催し情報

市川市東山魁夷記念館

  • ●通常展 新収蔵作品を中心に……7/27(日)まで
    展示作品「夕汀」「静日」「緑映」ほか。開館してから収蔵した本制作や版画類をお披露目。同館初公開作品も多数展示
  • ●通常展 くらべてみよう、あの絵とこの絵……8/1(金)~9/15(月・祝)
    展示作品「緑の微風」「湖岸(試作)」ほか。8/7(木)、8/15(金)、8/24(日)に夏休み親子絵画教室を開催。日本画材を使ったうちわ作り
  • ●特別展 生誕100年記念・第3回WHO健康都市連合国際大会開催記念 童画家・東山魁夷の世界……9/20(土)~10/26(日)
    東京美術学校在学中から戦前を中心に本名・東山新吉の名で発表された、知られざる東山芸術の童画の世界を一堂に展観

開館時間/10:00~17:00
休館日/月曜(祝休日の場合翌日)
住所/〒272-0813 市川市中山1-16-2
交通/京成「京成中山駅」から徒歩15分、JR「下総中山駅」から徒歩20分
電話/047-333-2011
www.city.ichikawa.chiba.jp/bunka/higashiyama


市川市芳澤ガーデンギャラリー

  • ●陳漢彫刻展 生命+愛+記憶……6/29(日)まで
    テラコッタによる等身大の人物像を中心に約40作品
    入館料/一般200円、ローズメンバーズ160円、中学生以下無料
  • ●英国植物画の世界 美しき自然に魅せられて……7/19(土)~9/7(日)
    18世紀から19世紀にイギリスで描かれた、植物画を中心とするエングレーヴィング(版画)作品を約100点展示
    入館料/一般300円、ローズメンバーズ・シルバー(65歳以上)240円、中学生以下無料

開館時間/9:30~16:30(入館は16:00まで・庭園のみ9:00~17:00)
休館日/月曜(祝休日の場合翌日)
住所/〒272-0826 市川市真間5-1-18
交通/京成「市川真間駅」から徒歩12分、JR「市川駅」から徒歩16分
電話/047-374-7687
www.tekona.net/yoshizawa