ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

浦安市

今と昔に出会う街ウオッチング

細川流投網と細川流投網保存会の面々

<上写真>
舞浜ホテル群をバックに披露された見事な細川流投網
<下写真>
浦安市郷土博物館で活動する細川流投網保存会の面々

 浦安市の街ウオッチングは、アーバンリゾートの近未来的な側面と、元漁師町の面影にも触れられるのが特徴です。JRグループと千葉県が一体になって展開する大型観光宣伝「ちばデスティネーションキャンペーン」(2/1~4/30)に同市も様々な企画で参加、浦安の今と昔を体感できるチャンスです。

 

屋形船

情緒豊かな遊覧を満喫できる屋形船

マグロの解体実演

浦安魚市場ではDC期間中、土・日の営業を16時まで延長。土・日にマグロの解体実演を行う店も。日曜にはみそ汁の無料サービス(先着1,000人)を実施。土・日に行われるマグロの中落ち作りや貝ムキ体験の申し込みはJR東日本のびゅうプラザ各店へ※1)桜まつりin郷土博物館広場
3/31(土)・4/1(日)
沿道の桜並木を背景に、ステージショーや市民の出店、人力車の乗車体験など楽しい催しが色々。また同博物館ではDC期間中の土・日に甘酒の振る舞いや乗船体験も。
浦安市商工観光課/問
電話 047-351-1111
※2)屋形船乗り合い
昼/11:00~13:00 中学生以上5,250円・小学生以下3,150円
夜/18:30~21:00 同じく10,500円・5,250円
浦安市観光協会/問
電話 047-354-5111
※3)スズキの底引き網漁も見られる釣り体験ツアー
9:30~15:00(予定) 8,000円・中学生以下4,000円
浦安市商工観光課/問
電話 047-351-1111
※4)落語会
堀江フラワー通り会・クリーニング京屋/問
電話 047-352-1608
◎DC情報は下記ホームページでも提供
www.urayasu-kankou.jp

市民参加と体験が魅力の郷土博物館

 全国に千葉県の観光をアピールする「ちばデスティネーションキャンペーン(DC)」が今月始動した。春爛漫の4月30日まで開催される国内最大級の観光キャンペーンで、全県で400以上もの特別イベントが行われる。
 浦安市では「懐かしい街(retro)+新しい街(future)」をキーワードに、遊び・スタンプラリー・ウオーキングと様々な催しを開催、市の魅力を広く訴える。
 同市は、昭和46年の漁業権全面放棄以後、海面の埋め立てによって東京ディズニーリゾートや美しくデザインされた新興住宅地が誕生し、東京ベイエリアを代表する新しい都市に変貌を遂げた。
 時代の流れで元漁師町の面影や伝統が薄れゆく中、浦安市郷土博物館(※1)はそれらを今に伝えている。展示物ばかりでなく、市民参加と体験を重視しているのが特徴で、のりすきは冬限定の人気体験、学校の授業にも取り上げられている。訪ねると丁度、のりの天日干しの最中で、すだれのあちらこちらからぴちぴちとのりの乾く音が。元漁師町の代表的な音のある風景はここに生きている。

昔の細川流投網と現代の屋形船観光

 浦安に残る身近な技を知ってもらおうと、同館では細川流投網や浦安囃子、お洒落踊りの各保存会による実演を定期的に開催。市の無形文化財・細川流投網は第1・3日曜日13時30分に同館前の芝生広場で見ることができる。
 その昔、投網師はすくい取りといわれる細川流の豪快な投げかたを披露し、その場でとれたての魚を刺身やあらい、天ぷらにして食べさせる独特の船遊びを育んできた。
 「一人前の投網師になるには10年以上はかかる。20艘ほどで2手に分かれて投網を打つ『寄せ打ち』は実にきれいだった。重い網を学校のひと教室分ぐらいは広げるんだから」と保存会の内田栄吉さん。
 現代版の遊船といえば、旧江戸川に軒を連ねる船宿の屋形船。貸し切りで海からの夜景を満喫し海の幸や天ぷらを楽しめる。「ちばDC」特別イベントとして2月24日(土)、3月、4月の毎週土曜日には乗り合いを行う(※2)。昼と夜の部があり、ともに食事付き。一部の船宿では「スズキ底引き網漁も見られる釣り体験ツアー」(※3)を3月24日(土)、31日(土)に開催。釣り船での遊覧で屋形船とひと味違った迫力を楽しんでみるのもいい。

旧宇田川家

明治2年建造の旧宇田川家

 屋形船の乗船場近く、下町の面影を残す境川沿い400メートルの堀江フラワー通りも、一度は訪れたいところ。明治2年建造の旧宇田川家(右写真)などが公開され、ちょと足を伸ばせば豊受神社、清瀧神社の見どころも。
 「昔はこのあたりの川はきれいで魚が泳いでいるのが見えたものだよ」とお年寄りに声をかけられるなど、人情が通う雰囲気も魅力だ。
 期間中は、昭和時代のフラワー通りの写真が店先や施設内に展示され、昔と今を比較できるのも面白い。3月3日と4月21日の土曜日には骨董市とストリートライブが、4月29日(日)には落語会(※4)が催される。
 浦安魚市場の貝ムキ体験・マグロの中落ち作りも注目したいイベント。県内20カ所で行われる「ちば・たびマイスター」の一つで「江戸前の達人になれる」というもの。この機会に浦安ウオッチングを楽しんでみては。

 

エリア情報

元町一帯MAP