ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

ガス料金の調整 ~原料費調整制度~

原料費調整制度とは

  • 都市ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)およびLPG(液化石油ガス)の価格変動を毎月のガス料金に適切に反映させる制度です。
    京葉ガスでは都市ガスの原料としてLNG、LPGおよび千葉県産天然ガスを使用しています。
    このうち、LNGとLPGは為替レートや原油価格の動きにより常に変動しています。

制度のしくみ

貿易統計に基づく3カ月の平均原料価格と、基準となる原料価格(基準平均原料価格)との差額(変動額)により、毎月、あらかじめ定められた算定方法によりガス料金(1m3あたりの単位料金)を調整します。

原料価格の算定時期とガス料金への反映時期について

原料価格の3カ月平均値を、中2カ月の間隔をおいて、次の1カ月分のガス料金に反映します。

ガス料金(単位料金)への反映時期 平均原料価格算定期間
1月検針分 前年8月から10月
2月検針分 前年9月から11月
3月検針分 前年10月から12月
4月検針分 前年11月から当年1月
5月検針分 前年12月から当年2月
6月検針分 当年1月から3月
7月検針分 当年2月から4月
8月検針分 当年3月から5月
9月検針分 当年4月から6月
10月検針分 当年5月から7月
11月検針分 当年6月から8月
12月検針分 当年7月から9月

原料費調整のイメージ図

原料価格の算定時期とガス料金への反映時期について

ガス料金への反映について

  • 毎月の単位料金(適用単位料金)は、あらかじめ定められた「基準単位料金」に原料費調整による「調整額」を加算(プラス)または減算(マイナス)して算定します。
    基本料金の調整は行いません。

ガス料金への反映について

調整額の算定方法

①平均原料価格を算定

LNGとLPGの平均価格を算定します。

平均原料価格(円/t)=LNG平均価格(円/t)×0.7303+LPG平均価格(円/t)×0.0821

  • ※(円/t)は「1トンあたりの価格」を表します。
  • ※算定結果の10円未満は四捨五入し10円単位とします。

②平均原料価格の変動額を算定

平均原料価格と基準となる原料価格(基準平均原料価格)との変動額を算定します。

変動額(円/t)=①の平均原料価格(円/t)-基準平均原料価格(円/t)

  • ※(円/t)は「1トンあたりの価格」を表します。
  • ※変動額の100円未満の端数を切り捨て100円単位とします。
  • ※基準平均原料価格は59,540円/t(平成27年2~4月の平均原料価格)
  • ※平均原料価格が95,260円/t以上(基準平均原料価格の1.6倍)となる場合、95,260円/tを平均原料価格とします。

③調整額(税込)の算定

原料価格の変動額100円につき単位料金を1m3あたり0.081円調整します。

調整額(税込)=②の変動額/100×0.081×(1+消費税率)

  • ※プラス調整時は小数点第3位以下を切り捨てます。
    マイナス調整時は小数点第3以下を切り上げます。

《ご案内》
毎月の原料費調整については、京葉ガスホームページ掲載のプレスリリースでご案内しています。
調整額の算定に使用する平均原料価格、平均原料価格の変動額なども記載しております。

「適用単位料金」の具体的な計算例

《想定条件》
平成×年○月の調整額0.23円、一般料金で1カ月のガスご使用量が32m3の場合

  1. (1)ガスご使用量が32m3の場合、
    「一般料金(一般ガス供給約款)料金表」の基本料金、基準単位料金を適用します。
  2. (2)適用単位料金〔基準単位料金 ± (原料費調整制度による)調整額〕
    =基準単位料金127.18円 + 調整額 0.23円
    適用単位料金127.41円 ※平成×年○月(想定)の適用単位料金
 

《参考》平成×年○月のガス料金

ガス料金 基本料金 + 従量料金 〔 適用単位料金 × ガスご使用量 〕
1,150.20円 + 127.41円 × 32m3
1,150.20円 + 4,077.12円
5,227.32円 ※1円未満切り捨て
5,227円
  • 1カ月のガスご使用量32m3は京葉ガスの標準的なご家庭のご使用量です。ガスのご使用量はお使いのガス機器、機器のご使用状況、季節(気温・水温)などによりお客さまごとに違いがあります。
    上の計算には、平成28年7月検針分より適用の基準単位料金を使用しています。
    上の金額には、消費税等相当額を含みます。

適用される単位料金のお知らせ