ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

工事負担金制度について

工事負担金とは

工事負担金とは、お客さまのお申し込みにより、道路に新たに埋設または入れ替えるガス管(以下「本支管」という)にかかる工事費のうち、お客さまが負担される部分をいいます。
本支管はガス事業者(当社)の所有(資産)ですが、お客さまのガスご使用のお申し込みにともない本支管を延長する工事、または、本支管の入替等を行う工事の費用につきましては、当社供給約款に定められた当社の負担額(下表)を超える部分については、お客さまに負担していただくことになっています。
(この制度は、一般ガス供給約款、選択約款に基づき契約をされる方のみでなく、託送供給および大口供給の契約を締結される方にも適用されます。)
また、地区によっては、あらかじめ工事負担金額が設定されている地区(均等割工事負担金制度)もあります。
なお、工事負担金に関する詳しい説明はこちらをご参照ください。

本支管工事費の当社の負担額

お客さまのガスご使用またはガス工事お申し込みにともない本支管を延長し、または入れ替える場合の、本支管工事にかかる当社の負担額は以下のとおりです。

  1. (1)ガスメーターの能力別当社負担額
    設置するガスメーターの能力 ガスメーター1個につき当社の負担する金額
    1.6立方メートル毎時以下 126,720円
    2.5立方メートル毎時 198,000円
    4立方メートル毎時 316,800円
    6立方メートル毎時 475,200円
    10立方メートル毎時 792,000円
    16立方メートル毎時 1,267,200円
  2. (2)(1)以外のガスメーターを設置する場合の当社負担額は、設置するガスメーターの能力1立方メートル毎時につき79,200円の割合で計算した金額といたします。

工事負担金について(詳細)

ガス事業者は、その供給区域内においては、お客さまからのガスご使用のお申し込みに対して正当な事由がない限り、ガスの供給を拒んではならない、いわゆる供給義務がガス事業法により課されています。ところが、お申し込みが供給施設のない場所からであったような場合、そのお申し込みに応ずるために必要となった本支管工事に要する費用が、そのお客さまの予定使用量と比較して高額になることが予想されます。
このような費用をすべてガス事業者が負担してまでこのお申し込みに応じていかなければならないとすれば、それは当然すべてのお客さまからのガス料金収納から充てられることとなり、ひいては料金原価の高騰につながりガス料金の上昇をもたらすこととなります。新規のお客さまへの供給のために全体のお客さまがこのような影響を被ることは不合理であるといえます。
また、そのようなお申し込みをした人に限って、特別に高額な料金を設定して、工事に要する費用を回収するという方法も理論的には考えられますが、これはガス事業法上個別に関東経済産業局長の認可(ガス事業法第20条但書)を要することとなり、多種の料金が併存して事務的に繁雑をきわめるといったことも予想され、きわめて非効率的な方法だといえます。
そこで、新たなお客さまと既存のお客さまとの公平を保ちながら簡易に回収できる方法として設けられたのが、工事負担金の制度です。この制度は既存のお客さま一戸あたりの平均本支管投資額を新たなお客さまに対する負担限度と考え、この負担限度まではガス事業者負担(当社負担額)として、それを超える額については、その新たなお客さまに工事負担金として直接負担を求めるという考え方に依っています。
 なお、お客さまのお申し込みにともない本支管等の工事を施工する際に、将来のお客さまを考慮した仕様で工事を施工する場合については、均等割工事負担金制度があります。これは、ガス事業法第20条但書による関東経済産業局長の認可を受けてお客さまおよび将来のお客さまが均等に工事負担金を支払う制度です。

均等割工事負担金制度

お客さまのガスご使用またはガス工事のお申し込みにともない本支管を延長し、または入れ替える場合において、将来その本支管から分岐する供給管によりガスの供給を受けることとなるお客さまも考慮して、本支管および整圧器の工事を行うときは、当社供給約款13(12)の規定にかかわらず、関東経済産業局長の認可を受けて、ガスをご使用になるお客さまから、その工事について均等に工事負担金(消費税等相当額含む)をいただくものです。
なお、均等割工事負担金は地区(番地や丁単位の規模)ごとに認可申請をおこなっているため、新たにガスのご使用をお申し込みになる場合に、その地区においてこの制度が適用されているかをお知りになりたいお客さまは、お気軽に当社窓口へお問い合わせください。