ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

ガス機器について(器具の取り扱い)

ガス機器について(器具の取り扱い)

ガス機器について(器具の取り扱い)についてよくある質問

 
Q1.
コンロの火がつきにくい場合
A1.
バーナーキャップが正しく取り付けられていないと、正常に燃焼しなかったり、点火しにくくなることがありますので、ご確認ください。また、バーナーキャップの目詰まりや炎検知部(熱電対・立消え安全装置)、電極(点火プラグ)が汚れている場合も同じ症状が発生することがありますので点検・清掃をしてください。
 
Q2.
コンロが点火しない場合
A2.
点火しようとしたときスパーク音(パチパチという音)がしない場合は、電池を交換することにより直ることがあります。電池の格納場所は機種によって異なりますのでお手元の取扱説明書でご確認ください。
なお、家全体のガスが出ない場合はこちらをご覧ください。
 
Q3.
コンロの火が正常(青色)でない場合
A3.
炎の色が赤や黄で炎が長く伸びている状態の炎は、空気不足による不完全燃焼の可能性があります。不完全燃焼は一酸化炭素が発生するため危険な状態になります。換気を行い、空気調整ツマミが付いている機器はツマミを調整してください。また、バーナーキャップの炎口の詰まり、バーナーキャップがきちんと装着されていない、バーナーキャップに燃焼物が付着しているなどが考えられます。点検・清掃を行ってみてください。
なお、加湿器等の使用により空気中の水分が炎と反応し赤くなることがありますが異常ではありません(炎色反応)。この場合、加湿器等の使用を中止し正常な炎になることを確認してください。加湿器等を使用していない場合は、故障も考えられますのでお客さまコールセンターへお問い合わせください。
 
Q4.
コンロの汁受け皿にアルミはくを敷くと
A4.
コンロの付属品、あるいは指定のもの以外は使用しないでください。炎がアルミはくに接触し異常過熱や不完全燃焼、点火不良や途中消火の原因になることがあります。
 
Q5.
給湯器(小型湯沸器)からお湯も水も出にくい場合
A5.
水フィルターを確認してください。給湯器(小型湯沸器)の水フィルターにゴミ等が詰まっている可能性があります。水フィルターのゴミ等を取り除く方法は、給水の元栓を閉じ、機器の給水口についている水フィルターを取外し水洗いします。詳しくはお手元の取扱説明書でご確認ください。また、水フィルターが機器本体に内蔵されているタイプもございます。この場合はお客さま自身で行うことはお勧めできません。
 
Q6.
雨の後、屋外にある給湯器が動かなくなった場合
A6.
雨の日(特に台風等の暴風雨時)またはその後、給湯器本体に水が浸入し点火しなくなることがあります。その時は給湯器内部が乾燥すれば直りますのでしばらくお待ちください。
また、漏電安全装置が働いてリモコンの表示が消える等の症状が出た場合、コンセントの抜き差し(ブレーカーのON-OFF)で復帰することがありますが、感電の危険性があるため機器が完全に乾いた状態で行ってください。詳しくはお手元の取扱説明書でご確認ください。
 
Q7.
ガスの使用を終えた後の機器から聞こえる音は
A7.
機器を冷却するファンや凍結予防のためのポンプが作動しているためです。一部のガス機器はガス燃焼終了後に機器本体を冷却するためファンが回転する仕組みになっています。また、強制循環式ふろ釜や温水暖房システム(TES)は冬場気温が低下すると機器に内蔵されているポンプが作動して凍結を予防します。
 
Q8.
給湯器などの凍結予防は
A8.
厳冬期は給水、給湯配管および給湯器内の水が凍結する恐れがあり、万一凍結した場合にはお湯が出なくなるばかりでなく、配管などに損傷をきたすこともあります。凍結を予防する方法は給湯器の機種などによって異なりますが、一般的に次の方法で予防してください。

凍結予防の方法

A.流水方式(継続して水を流す方式)

  1. 1)温水機器の運転スイッチを切る
  2. 2)温水機器のガス栓を閉じる
  3. 3)おふろの給湯栓から少量の水を流したままにする

B.水抜き方式(機器本体から人為的に水を抜く方式)

  1. 1)温水機器のガス栓を閉じる
  2. 2)給水元栓を閉じる
  3. 3)温水機器本体の給水および給湯水抜き栓を開ける
  4. 4)浴槽の水を空にし、シャワーを床面まで下げ、屋内の給湯栓を開ける
  5. 5)温水機器のブレーカーを切る、または電源プラグを抜く
  • ※水抜き後に再使用するときは
  1. 1)温水機器本体の給水及び給湯水抜き栓を閉める
  2. 2)給水元栓を全開にする
  3. 3)給湯栓を開け、水を出し、閉める(配管内の空気を抜く)
  4. 4)温水機器の運転スイッチを入れる

万一凍結して水が出ないとき

  1. 1)温水機器のガス栓を閉じる
  2. 2)給水元栓を閉じる
  3. 3)温水機器の運転スイッチを切る
  4. 4)給湯栓を開ける
  5. 5)給水元栓を時々開け、水が出ることを確認する
  • ※凍結した場合は、凍結箇所を暖めるなどの方法で解氷することもできますが、機器や配管への影響を考えると「自然に解けるのを待つ」ことが最良です。
  • ※最近の給湯器は凍結予防ヒーターが付いており、給湯器内部の凍結は予防できますが、給水および給湯配管にたまった水が凍結することがあります。凍結の恐れがあるときは上記の方法で予防してください。
 
Q9.
寒い日に給湯器の排気口から出る白い煙は
A9.
排気ガスと外気温の温度差で水蒸気が発生する現象です。例えば冬に人のはく息が白く見えるのと同じです。
 
Q10.
給湯器のお湯が白く濁っているのは
A10.
これは水の中に溶け込んでいる空気が給湯器で熱せられ圧力が上がり、水栓出口で大気圧まで急速に減圧されることで細かい泡となって出てくるため白濁状態に見える現象です。汚濁とは全く異なり身体に対しては問題ありません。
 
Q11.
給湯器の「号数」とは
A11.
給湯能力を表す数字です。1号とは、1分間に1リットルの水を25℃温度上昇させる能力をいいます。
例えば20号給湯器の場合
(20号→1分間に20Lの水を25℃上昇させる能力)

夏場、水温25℃の水を40℃のお湯にして1分間に出せる湯量は33Lになります。
冬場、水温5℃の水を40℃のお湯にして1分間に出せる湯量は14Lになります。

(計算式)
夏場:(20L × 25℃)/(40℃ - 25℃) ≒ 33.3L/分
冬場:(20L × 25℃)/(40℃ - 5℃) ≒ 14.3L/分

このように同じ温度のお湯を出した場合、夏は冬の2倍以上の湯量を得ることができます。
冬場、シャワーと台所での給湯同時使用を考えると20号以上の給湯器をお勧めします。

 
Q12.
ガス機器使用中の換気は
A12.
物が燃えるためには、新鮮な空気が必要です。ガスの場合も同様で、例えば、小型湯沸器を1時間使用するためには、ガスコンロの約4倍もの新鮮な空気が必要となります。お部屋の中でガス機器を使用する場合は、必ず換気を行うよう注意してください。(強制的に換気を行うシステムのFF式ガス機器や、屋外設置型の給湯器などは除きます)
 
Q13.
使用するゴム管は/交換の期間は
A13.
油汚れにも強く、耐久性に優れたガスソフトコードをお勧めします。ガスソフトコードは、アイボリー色でお部屋にもマッチします。また、ガス機器とガス栓をワンタッチでつなぐコンセント継手(カチット)を使用すれば、確実に接続でき安全性も向上します。
なお、ゴム管は長時間使用しているとゴム材が劣化しますので、早めの交換が望ましいでしょう。3年程度が目安です。ただし、ひび割れ等が発生した場合は直ちに交換してください。