ご家庭のお客さま

 
  • 京葉ガスTOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・産業用のお客さま
  • 京葉ガスについて
 
 

給排気筒(煙突)等の確認

給排気筒(煙突)と給気口

給排気筒(煙突)や給気口・換気口がつまっていると不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因となる場合があり大変危険です。以下のような状態になっていないか、確認を行ってください。

上部に煙突があるふろがま・湯沸器

上部に煙突があるふろがま・湯沸器

側面に煙突があるふろがま・湯沸器

側面に煙突があるふろがま・湯沸器

機器側面から煙突が出ているふろがまや湯沸器は、壁と給排気筒の間に隙間がないかご確認ください。隙間があると排気ガスが浴室内に逆流し、一酸化中毒につながる恐れがあります。

 

屋外にあるガス機器や給排気筒

屋外にあるガス機器や給排気筒(煙突)をふさぐと、新鮮な空気が不足して不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒やガス機器の故障につながる場合があります。
外壁塗装工事等によりやむをえず取り外したり、養生のためにシートでおおったりした場合は、ガス機器を絶対に使用しないでください。

屋外にあるガス機器や給排気筒
屋外にあるガス機器や給排気筒
 
屋外にあるガス機器や給排気筒
屋外にあるガス機器や給排気筒