京葉ガス柔道部(歴史・変遷)

歴史・変遷

主な団体戦戦績

全日本実業柔道団体対抗大会

1979年から1999年まで第1部に出場し、優勝は1986年と1987年 =2連覇=
準優勝は1983年・1988年・1989年・1991年・1994年

  • 2000年:1部で1回戦敗退(2部降格)
  • 2001年:2部で準優勝(1部昇格)
  • 2002年:1部で2回戦敗退(ベスト8)
  • 2003年:1部で1回戦敗退(2部降格)
  • 2004年:2部で優勝(1部昇格)
  • 2005年:1部で2回戦敗退(ベスト8)
  • 2006年:1部で2回戦敗退(ベスト8)
  • 2007年:1部で1回戦敗退(2部降格)
  • 2008年:2部で優勝(1部昇格)
  • 2009年:1部で1回戦敗退(2部降格)
  • 2010年:1部チームの欠場により、1部へ繰り上げ出場。2回戦敗退(ベスト8)
  • 2011年:1部で2回戦敗退(ベスト8)
  • 2012年:1部で準優勝(1994年以来18年ぶり)、3部で準々決勝敗退(ベスト8)
    • ※初めて2チームが出場
  • 2013年:1部で準優勝、2部で準優勝(1部昇格)
  • 2014年:1部でAチームが3位、Bチームが1回戦敗退(2部降格)
  • 2015年:1部で初戦(2回戦)敗退
  • 2016年:1部で2回戦敗退、3部で準優勝
  • 2017年:1部で1回戦敗退
  • 2018年:2部で準優勝(1部昇格)、3部で3位(2部降格)
 

東日本実業柔道団体対抗大会・第1部(優勝した年)

  • 1978年から1984年 =7連覇=
  • 1986年から1988年 =3連覇=
  • 1990年・2006年・2011年・2014年・2016年・2018年
 

千葉県社会人柔道大会・団体の部(優勝した年)

  • 1977年から1987年 =11連覇=
  • 1989年から1990年 =2連覇=
  • 1993年から1998年 =開催のなかった1994年を除き5連覇=
  • 2000年から2002年 =3連覇=
  • 2007年から2008年 =2連覇=
  • 2010年・2012年・2013年・2014年 =中止の2011年を挟んで4連覇=
  • ※2015年以降は不出場
 

平和カップ広島柔道大会・一般1部(全記録)

  • 2005年:3位
  • 2006年:3位
  • 2010年:優勝
  • 2012年:優勝
  • 2013年:ベスト8
  • 2014年:3位
  • 2015年:3位
  • 2016年:決勝トーナメント初戦敗退
  • 2017年:3位
  • 2018年:3位
 

主な個人戦戦績

オリンピック

  • 上川 大樹(かみかわ・だいき) 1989年11月9日生まれ(2012年入社、明治大学出身、2019年2月退職)
    2012年:ロンドンオリンピック100kg超級出場(2回戦敗退)
 

世界選手権大会

  • 加瀬 次郎(かせ・じろう) 1954年12月27日生まれ(1977年入社、明治大学出身、2014年12月退職)
    1981年:マーストリヒト世界選手権大会(オランダ)78kg以下級で準優勝
  • 諏訪 剛(すわ・たけし) 1955年6月23日生まれ(1978年入社、明治大学出身)
    1983年:モスクワ世界選手権大会(ソ連)95kg以下級出場(1回戦敗退)
  • 上川 大樹
    2014年:チェリャビンスク世界選手権大会(ロシア)100kg超級出場(3回戦敗退)
 

全日本柔道選手権大会

  • 加瀬 次郎:出場5回/最高は1981年のベスト8
    • ※1977年・1978年・1979年・1981年・1985年の5回
  • 諏訪 剛:出場3回/最高は1983年のベスト8
    • ※1981年・1983年・1984年の3回
  • 星 君男(1980年入社、日本大学出身、2018年4月退職):出場3回/最高は1983年のベスト8
    • ※1983年・1986年・1988年の3回
 
近年の成績
  • 赤井澤 一晴:出場1回/1999年:初戦敗退
  • 紺野 大輔:出場2回/2006年:初戦敗退、2009年:初戦敗退
  • 河原 正太:出場2回(うち1回は入社前)/2016年:3回戦敗退
  • 須藤 紘司:出場1回/2010年:3回戦敗退
  • 上川 大樹:出場8回(うち2回は入社前)/2012年:ベスト8、2014年:準優勝、2015年:ベスト8、2016年:準優勝、2017年:ベスト8、2018年:3回戦敗退
  • 下和田 翔平:出場3回/2015年:初戦(2回戦)敗退、2016年:初戦(2回戦)敗退、2017年:初戦(2回戦)敗退
  • 飯田 健吾:出場2回(うち1回は入社前)/2016年:初戦敗退
  • 神谷 快:出場2回(入社前)
 

全日本選抜柔道体重別選手権大会

  • 加瀬 次郎:1981年・78kg級優勝
  • 諏訪 剛:1979年・86kg級準優勝、1984年・95kg級準優勝
  • 星 君男:1985年・95kg級準優勝
  • 河原 正太:2006年・81kg級優勝
  • 西岡 和志:2010年・73kg級3位
  • 上川 大樹:2014年・100kg超級優勝、2016年・100kg超級3位
  • 下和田 翔平:2013年・2014年・90kg級3位、2016年・100g級準優勝、2017年・2018年・100kg級3位
 
  • ※3位以上の成績を残した選手の最高順位

過去の大会・試合結果