第3回(1999年)
最優秀賞作品/
テーマ「好き」

最優秀賞作品一覧

「かぶとむし」

最優秀賞作品

市川市立冨貴島小学校1年
高木 研人

黒い画面に大木と僕と友達がダイナミックに配置されています。不安な気持ちの中に大きな期待感が素直に表現されている素晴らしい作品です。

「きょうりゅうのせかい」

最優秀賞作品

浦安市立北部小学校2年
中井 啓貴

赤い画材用紙を使ったバックが絵全体を不思議な世界にしています。絵の具とクレパスの併用技法による恐竜の表現は、主題を浮き出させ「かっこよさ」を十分に表しています。

「フリスビー」

最優秀賞作品

白井町立(現市)桜台小学校1年
松島 悠太

自信にあふれた堂々とした態度を、黄色を基調にしたおだやかな色彩でまとめており、作者が夢中で過ごしている楽しいひとときが伝わってきます。

「きれいなゆりの花が
さいたよ」

最優秀賞作品

船橋市立薬円台小学校4年
木村 淳

大胆な画面構成と美しい色彩が見る人を惹きつけます。葉の一枚一枚が百合の生命力を感じさせ、虫や背景の色と調和して見事な世界を作っています。

「僕の大好きな学校」

最優秀賞作品

松戸市立南部小学校6年
友野 克哉

放課後の校庭から楽しく遊ぶ二人の声が聞こえてくるような、詩情あふれる作品です。校舎や校庭の木々、人物を適度に省略し、淡彩表現の技法が絵の雰囲気作りに効果的に生かされています。

「しょうぎはおもしろい」

最優秀賞作品

柏市立柏第七小学校3年
吉成 由

紙を指先で丹念にちぎって人物を表現しており、将棋の駒の切り方とのコントラストが効果的です。絵の中から3人の会話が聞こえてきそうな素晴らしい作品です。