1. ホーム
  2. 企業・IR情報
  3. つぎの「うれしい!」へ。
  4. 絵画コンクール
  5. 第23回最優秀賞作品/テーマ「夏休み」

第23回(2019年)
最優秀賞作品/
テーマ「夏休み」

最優秀賞作品(8作品)

最優秀賞(8名)

夏の昆虫観察

最優秀賞作品

市川市 藤原 草介

草介くんが「たくさんの大好きな昆虫と出会えたらいいなあ」と願って、虫取り網を手に、わくわくしながら昆虫採集する場面を想像し、その世界を巧みに表現しました。つややかに光るカラスアゲハの羽、飛び交うカブトムシやオニヤンマ、カマキリの姿、木の幹に潜むクワガタなどが、まるで目の前にあるかのように描かれています。一つ一つの昆虫の生命の輝きが細密に表現されています。大好きな昆虫への思いを込めてていねいにタッチを重ね、高い描写力を発揮した力作です。本当にこんな場面と出会えたらいいですね。

はやおきしてらじおたいそう

最優秀賞作品

浦安市 内山 日夏

休み、毎日早起きしてラジオ体操に参加した2人の笑顔が印象的な作品です。いかにも健康的な2人の様子が、見る者のほほえみを誘います。また、上にあげた腕と腰に当てた手、胸元に揺れる参加カードが画面になめらかな動きを作っています。明るい色調もいかにも夏らしい雰囲気を表しています。葉や草の緑、木の幹などもていねいに描かれていて本人が気持ちを込めてこの絵を描いたことが分かります。とてもほほえましい作品に仕上がっていますね。

東京駅を出発だ!

最優秀賞作品

船橋市 阿部 優人

夏休みに、にぎわう東京駅のホーム。この絵に描かれた一人ひとりをよく見ると、それぞれの大切な人と一緒に、大きな荷物を持って、これから始まる旅に胸をふくらませる様子がうかがえます。これからどこに行って何をしよう、〇〇に会うのが楽しみだな、など出発前の楽しい会話が聞こえてきそうです。また、新幹線や駅のホームを一点透視図法で構成し、そこに旅行客を遠近法で配置することで、構内の広い空間、新幹線の迫力などを感じさせる素晴らしい作品です。さあ、これから新幹線に乗ってどんな夏の思い出ができるかな?この絵を見るだけでそんなドキドキ、ワクワクが伝わってきます。

にぎやかな夏祭り

最優秀賞作品

鎌ケ谷市 大熊 菜月

おじいさんの家に遊びに行くと必ず参加している夏祭りなんですね。山車を引いたり、お祭りの様子を楽しんだりとにぎやかな様子が伝わってきます。夜の暗がりの中の提灯の明るさがアクセントになって絵に深みを持たせています。お祭りに出ている山車をよく見ていたのか、細かな部分の色や形がとてもよく表現されています。山車を引いているのは菜月さんでしょうか?青い浴衣の模様の赤がとても華やかです。また、来年もぜひ参加して楽しんでくださいね。

たのしかった虫とり!

最優秀賞作品

白井市 秋場 奏佑

カブトムシやクワガタなどたくさんの虫たちが画面いっぱいに描かれています。細かい部分をよく見て描いていて、今にも絵の中から飛び出してきそうです。奏佑君の表情から、お父さんと夢中になって虫とりを楽しんだ様子がよく伝わってきます。色の重なりやにじみ、重なりを工夫しながら、木の様子や森の中の様子がよく表現されています。この絵を見ていると、一緒に虫とりをしているような楽しい気分にさせてくれる作品になっていますね。来年もまた、たくさんの虫を見つけに行きましょう!

ねことスイカと夏の風景

最優秀賞作品

松戸市 齋藤 柚希

夏空の青、ひまわりの黄色と茶色、スイカの赤、風鈴、猫が見事に調和した美しい作品です。暑い、暑い夏休みのある日、縁側でスイカを食べようとしたとき、風鈴のチリンチリンと涼しげな音が聴こえ、心地よい風が吹いて、ゆったりと時が流れている感じが伝わってきます。庭には、夏空の下、風に揺れ咲き誇るひまわり。一本一本生き生きとていねいに描かれています。柚希さんが一番工夫した猫は、毛並みだけでなく、気持ちよさそうで眠そうな表情をよく表現しています。絵に優しさが出ています。毎年、こんなゆったりとしたひとときを過ごしたいですね。

家ぞくの思い出

最優秀賞作品

柏市 池田 陽夏美

家族みんなが手をつないでいます。本人の家族への思いが絵全体に強く表現されています。家族が囲んだ輪の中や周りに、影を付けたり、色を少し変えるなどして、夏休みの楽しかった思い出がていねいな描き方でたくさんちりばめられています。ひまわり、花火、スイカ、アイスクリーム、虹、太陽、海、カブトムシなど、多くのものがちりばめられてバラバラになりそうな画面を、手をつないだ家族の絵がしっかりとつなぎとめています。とてもよくできた作品だと思います。

夏休みの朝
~今朝は何個咲いたかな~

最優秀賞作品

流山市 秋元 春那

色鮮やかな朝顔の花や葉っぱが画面いっぱいに広がっています。たくさん咲いている花の様子から、春那さんが毎日一生懸命に水やりをしながらお世話をしていたことが伝わります。色鮮やかな朝顔の花はもちろんですが、一枚一枚、葉の形をよく見て、色の違いを考えながらていねいに描いています。奥の壁の色もていねいに塗られていて、朝顔の鮮やかさとよく合っています。朝顔の種はたくさんとれましたか?来年もたくさんの花を咲かせてくださいね!

あったか賞(32名)

あったか賞(32名)

ほのぼの賞(32名)

ほのぼの賞(32名)