1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 原料費調整制度に基づく2022年7月検針分のガス料金について

原料費調整制度に基づく2022年7月検針分のガス料金について

2022年5月27日

  • Twitter
  • Facebook

 京葉ガス株式会社は、原料費調整制度に基づき、2022年7月検針分の単位料金を、2022年6月検針分に比べ、1㎥(45MJ/㎥)につき+4.19円(税込)調整いたします。
 今回の調整は、2022年2~4月の平均原料価格に基づくものです。
 これにより、当社における標準的なご家庭(1カ月に30㎥ご使用)のガス料金は、2022年6月検針分と比較して月額126円(税込)値上がりし、6,188円(税込)となります。

1.一般料金プラン料金表(税込)

各月のご使用量に応じてA~Dの各料金が適用されます。

料金表 1カ月のご使用量 基本料金(円/月) 2022年7月検針分
の単位料金(円/㎥)
(参考)
2022年6月検針分
の単位料金(円/㎥)
A 0㎥から20㎥まで 815.10 185.04 180.85
B 20㎥をこえ100㎥まで 1,171.50 167.22 163.03
C 100㎥をこえ350㎥まで 1,986.60 159.07 154.88
D 350㎥をこえる場合 6,609.90 145.86 141.67
  • 1カ月の料金=基本料金+(単位料金×使用量)

2.標準家庭における影響 (税込)

「口座振替割引」適用の場合、下記料金より55円(税込)割引となります。

 
1カ月のご使用量 2022年7月検針分の料金 2022年6月検針分の料金 増減
30㎥
(45MJ/㎥)
6,188円6,062円 +126円
  • 標準家庭における1カ月のご使用量(30㎥)は、家庭用の平均値です。

単位料金の計算方法等、詳細については、プレスリリースをご覧ください。