1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. 「カーボンニュートラルチャレンジ2050」の策定について

「カーボンニュートラルチャレンジ2050」の策定について

2022年4月28日

  • Twitter
  • Facebook

京葉ガス株式会社(取締役社長:羽生 弘)は、オール京葉ガスとして“持続可能な社会”を実現するために「カーボンニュートラルチャレンジ2050」を策定しました。

※オール京葉ガス:お客さまに提供する価値を高めるための当社、グループ会社を含めたビジネスパートナーで構成する連携体制

カーボンニュートラルチャレンジ2050の概要

2050年のカーボンニュートラルに向けて、オール京葉ガスは3つの“Challenge”に取り組みます。

Challenge-1 お客さま先における取り組み

CO2削減に貢献するエネルギー・サービス・商品を積極的に提供するとともに、より快適で安心なくらしをお届けします。

Challenge-2  脱炭素への手法・新技術等の取り組み

国内外で再生可能エネルギーを積極的に開発するとともに、脱炭素・SDGsに資するR&D(研究開発)を推進します。

Challenge-3 自社・グループ会社・取引先の取り組み

オール京葉ガスの事業活動※1におけるCO2排出量を早期に実質ゼロとし、取引先と連携して積極的にカーボンニュートラルに取り組みます。

※1:オール京葉ガスの事業所のガス・電気・エネルギーの使用、社用車の走行によるCO2排出(クレジット活用含む)

2030年における数値目標

項 目 目標値
CO2削減貢献量 80万t※2
カーボンフリー電源取扱量 30万kW※3
都市ガスのカーボンニュートラル化率 5%

※2:オール京葉ガスの2013年CO2排出量の約48%に相当
※3:国内外における電源開発、FIT電源、調達等を含む

※カーボンニュートラルチャレンジ2050の詳細につきましては、別紙をご参照下さい。

別紙:カーボンニュートラルチャレンジ2050

PDFファイルはこちら