ヒートショックを
防ぐには?

入浴前にチェックしよう!
安全な入浴の心得

安全に入浴を楽しむために、日頃から心がけておくべきポイントがあります。以下の6つの項目をヒートショックのリスクを避けるための心得としましょう。

  • 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
  • 湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までを目安にしましょう。
  • 浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
  • 食後すぐの入浴、またアルコールが抜けていない状態の入浴は控えましょう。
  • 精神安定剤、睡眠薬などの服用後の入浴は危険ですので注意しましょう。
  • 入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらいましょう。
    • 出典:

      みんなで知ろう、防ごう、高齢者の事故(消費者庁ニュースリリース2019.12.18)

詳しい解説

ポイント1 「お風呂にはいるよ」の一言が安全につながる!

家族や同居人がいる場合には、入浴前に一声かけてからの入浴がおすすめ。また、同居者は「いつもより長いな」と感じたら声をかけるなど気に掛けることで、万が一の場合も早期発見につながります。

ポイント2 脱衣所や浴室は暖めておく!

寒い脱衣所・浴室と熱い湯といった温度差の大きい場所の行き来は、立ちくらみ、心臓への負担による心筋梗塞などを引き起こす要因になるので、入浴前に浴室暖房で暖めておきましょう。浴室の扉をあけておけば脱衣所も暖まります。
暖房がない場合は、入浴前に浴槽のフタを開けたり、シャワーで湯気を立てておくことで浴室を暖めることができます。

ポイント3 湯温41℃以上での入浴や長湯は避ける!

寒い浴室で上昇した血圧が熱い湯につかることで血圧さらに上昇し、直後には一気に下降。その際に意識障害を起こす危険性があります。
また、長時間熱い湯につかることによる熱中症も入浴事故の原因に。
安全な入浴のためには、ちょっとぬるめのお湯がおすすめ。湯船につかる時間も10分を目安にしましょう。

ポイント4 湯船から急に立ち上がるのは危険!

勢いよく湯船から立ち上がった時に、立ちくらみを経験したことがある方も多いのではないでしょうか?それはお湯から立ち上がる時に血圧が急に下がったことが原因かもしれません。浴槽から出る時は、湯船のフチや壁に手をつき、ゆっくり立つようにしましょう。

簡単リフォームで
安全なバスルームに

日頃の心がけに加え、直接浴室を暖める「浴室暖房」や、浴室の暖かい空気を逃げにくくする「断熱」を叶える簡単リフォームなら、より一層、安心で快適な入浴を実現します。

簡単リフォーム[浴室の暖房]

浴室暖房
  • 工期の目安【1日~】
  • 費用の目安【20万円~】
  • 暖房用熱源機と浴室暖房(壁掛けタイプ)を設置する場合

浴室を暖めるためのリフォームとして、手軽でオススメなのが浴室や脱衣所への「暖房」の設置です。ガス温水式なら、パワフル暖房で足元までしっかり暖まり、安全で快適なお風呂タイムを実現します。見た目もすっきりと美しい「天井ビルトインタイプ」と、簡単施工の「壁掛けタイプ」が選べます。

浴室暖房で「気持ち良い」に「安心」もプラス!

簡単リフォーム[浴室の断熱]

窓の断熱化
  • 工期の目安【半日~】
  • 費用の目安【8万円~】
  • 浴室用内窓を設置する場合

浴室の窓も暖かい空気を逃してしまう要因のひとつ。断熱窓や内窓の設置、二重ガラスなどもオススメです。施工が簡単なのも魅力です。

後付け式なら設置も簡単!
ユニットバス
  • 工期の目安【5日~】
  • 費用の目安【80万円~】
  • 在来式の浴室をユニットバスにする場合

タイル貼りの古い浴室は、断熱性能が低く浴室が寒くなりがちです。最新のユニットバスにリフォームすることで保温性が高い浴室になります。

リフォーム前後の室温比較
  • 出典:

    あたたか住まいガイド(一財)ベターリビング2020年7月

後付け式なら設置も簡単!

ガス機器に関するお問い合わせは
「京葉ガスサービスショップ」へ

ガス機器の購入をご検討されているご客さまはお近くの京葉ガスサービスショップへお気軽にお問い合わせください。
お電話でもお問い合せできます。