給排気筒(煙突)
などの確認

給排気筒(煙突)や給気口

煙突の腐食による穴あきや外れにより、排気ガスが室内に入り込み、一酸化炭素中毒を起こす危険がありますので、定期的な点検をお願いします。
また、給気口は絶対にふさがないでください。

給排気筒(煙突)や給気口

ご注意 特殊な薬品を使用する場所では定期的な点検を

室内の空気を取り入れて燃焼するガス機器は、ヘアスプレー、パーマ液、クリーニング溶剤などの薬品から発生した腐食性ガスにより、機器の本体や排気筒の腐食(サビ、穴あき)が起こりやすくなり、一酸化炭素中毒事故などの原因となりますので、定期的に点検を行って下さい。

給排気筒(煙突)や給気口

排気ダクト

排気ダクト、排気フード、換気扇は、日頃からこまめな点検を行って下さい。
フィルターのつまりや、ベルト切れなどによる排気設備の故障は、一酸化炭素中毒などの重大な事故の原因となります。
また、ふだんから、排気フード内の清掃を心がけてください。
ダクト内や換気扇の油滴やホコリはダクト火災の原因となります。

排気ダクト、排気フード、換気扇は、日頃からこまめな点検を行って下さい。

屋外にあるガス機器や給排気筒

屋外にあるガス機器や給排気筒(煙突)をふさぐと、新鮮な空気が不足して不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒やガス機器の故障につながる場合があります。
外壁塗装工事等によりやむをえず取り外したり、養生のためにシートでおおったりした場合は、ガス機器を絶対に使用しないでください。

給排気筒(煙突)をシート等でおおわないでください / 給気口、換気口等をふさいだりおおったりしないでください
屋外にあるガス機器をシート等でおおわないでください / 屋外にあるガス機器を波板などで囲まないでください