地震のときは

震度5強相当以上の地震が発生すると、ガスメーターが自動的にガスを遮断します。
あわてず、落ち着いて行動してください。

①まずは身の安全を確保してください

まずは身の安全を確保してください

②揺れがおさまったら、あわてずにガス機器の火を止めて、ガス栓を閉めてください

揺れがおさまったら、あわてずにガス機器の火を止めて、ガス栓を閉めてください

③ガスのにおいはありませんか?

ガスくさい場合は、換気扇等は使わずに窓を開けて換気をし、メーターガス栓およびすべてのガス栓、器具栓を閉めて、「ガスもれ専用電話(TEL047‐325‐1049)」へご連絡ください。電気器具などのスイッチには手をふれないでください。

④地震のあと、ガスをふたたび使う前に確認してください

地震のあと、ガスをふたたび使う前に確認してください

異常を確認した場合は、火災や一酸化炭素中毒等、事故の恐れがありますので、メーカーや販売店等へ点検・修理を依頼するとともに、京葉ガスへご連絡ください。

⑤その他、身のまわりの安全を確認してからガスをお使いください

ガスがでないときは、ガスメーターの表示ランプの点滅を確認してください。赤ランプが点滅している場合は、お客さまご自身にて復帰操作を行ってください。

その他、身のまわりの安全を確認してからガスをお使いください

ご参考 ガスメーターの設置場所

ガスメーターの設置場所
  • 京葉ガスの地震・災害対策についてはこちらをご覧ください。