ガスメーターの安全機能

ガスメーター(マイコンメーター)は、異常を検知すると、表示ランプが赤く点滅して警報表示するとともに、ガスを自動的に止める機能をもっています。

ガスメーターの安全機能

ガスを自動的に止める機能

感震しゃ断

大きな地震(震度5相当以上)を感知すると、ガスを止めます。

感震しゃ断
1回ずつ赤ランプが点滅

継続使用時間オーバーしゃ断

シャワーの出しっぱなし、お風呂の沸かし過ぎなど、一定量のガスが所定の時間以上流れ続けると自動的にガスを止めます。

継続使用時間オーバーしゃ断
2回ずつ赤ランプが点滅

流量オーバーしゃ断

ガス管破損やガス栓の誤開放などで、メーターの大きさごとに定めた以上に多量のガスが流れると自動的にガスを止めます。

流量オーバーしゃ断
3回ずつ赤ランプが点滅

圧力低下しゃ断

ガスの圧力が低下するなど、何らかの原因でガスメーター内の圧力が異常に低下したときに危険な状態を判断してガスを止めます。

圧力低下しゃ断
1回ずつ赤ランプが点滅

警報表示機能

ガスもれ警報

ガスの微量もれなど、30日以上連続してガスが流れ続けると警報表示が出ます。ガス機器の口火をつけっ放しにした場合にも警報表示が出ます。
(ガスメーターが感知できる流量よりも少ない場合は警報を出せないこともあります。)

ガスもれ警報
連続して赤ランプが点滅

ご注意

ガスメーターにて、すべてのガスもれをしゃ断したり、ガス爆発事故を完全に防止することはできません。
また「天ぷら火災」「排ガス中毒事故」等あらゆる事故を防止するものではありません。
ガスメーター上流側でのガスもれには対応できません。