小島大陸の写真
GENBA
INTERVIEW 13
第2種内管工事士
協和工業株式会社
2015年入社

小島大陸

恩を、
忘れたくない。

CHAPTER 01ここは、俺たちが工事した場所

まずは、現在の仕事について教えてください。

小島

配管工と溶接工をしています。配管工は、建物にガス管を取り付ける仕事。溶接工は、ガス管とガス管(接手)の継ぎ目に溶接棒(金属)を溶かして接続させることが主な仕事です。火花を散らしながらする作業と言うと、わかりやすいかもしれません。溶接の技術を身につけることで、より幅広い配管ができるようになります。

なるほど。これまではどのような仕事を経験されてきましたか?

小島

今までは、室内の空調配管や、薬品を扱う工場のプラント配管をメインに仕事してきました。ガス配管は、ガスが漏洩すると事故に繋がる危険性もある難易度の高い仕事。繊細さが必要とされるプラント配管で培った技術が、今の仕事に活きていますね。

どんな瞬間に仕事のやりがいを感じますか?

小島

現場には工期があるので、期日までに作業を終わらせる必要があります。直前まで作業しなければいけないときはすごく焦りますね。ただその分、終わった現場の前を通ると「ここ、俺たちが工事したんだよなあ」と感慨深くなります。大きな現場は特に達成感があります。

まるで街に自分たちの足跡が増えていくようですね。今までにはどんな現場がありましたか?

小島

最近だと40数階建ての超高層マンションや、大型業務用施設。多くの人が使う建物であるほど、やりがいも大きくなります。現場に行くときにも、自分たちが工事した建物の近くをわざわざ通ってしまったり(笑)。

小島大陸の写真

CHAPTER 02息子のように良くしてもらった

この仕事を始めたきっかけを教えてください。

小島

祖父が造船、叔父が鉄工所で仕事をしていて、2人とも溶接関係だったので、小さい頃から溶接は身近な存在でした。また高校生の頃から、自分で学費を払うために溶接の仕事をしていたので、何となくこの仕事に就くのではないかと思っていました。でも、一番は師匠との出会いがきっかけです。

どんな方なのですか?

小島

仕事だけでなく、プライベートでもとても良くしてもらいました。たとえば引越しを手伝ってくれたり、家に必要なものを持ってきてくれたり。自分と似たような境遇だから、よく相談もしていましたね。この仕事をするきっかけをつくってくれた、恩を忘れたくない人です。

師匠は、昔の自分を見ているような気持ちだったのかもしれませんね。

小島

溶接の試験前には、川崎にいる師匠のところに行って教えてもらったこともありました。

配管工と溶接工では、溶接工の方が難しい技術が必要だそうですね。

小島

そうなんです。溶けている金属を見ながら溶接ができているかどうか判断するのですが、最初は見てもちがいがわからないのです。だから、何度も失敗して、微妙な差を目と手の感覚で覚えていく。自分も、夜中まで練習してやっとできるようになりました。

現場で学ぶこともありましたか?

小島

仕事をしながらでも資格が取れるように、関連する現場に入らせてもらっていました。ガス管の資格は費用が高いこともあり、会社が資格取得を積極的にさせていたのはありがたかったですね。簡単に取れない資格こそ、若いうちに取れるといいと思います。

小島大陸の写真

CHAPTER 03仕事は、楽しむものだ

仕事をする上で、どんなことに心がけていますか?

小島

子どもができてから、安全第一を心がけています。車の運転にもいっそう気をつけるようになりましたね。自分たちの仕事はちょっとしたことが大怪我につながるので、無理はしないようにしています。

今後の目標について教えてください。

小島

目標は、師匠以上のスペシャリストになること。溶接技術をさらに磨き、より幅広い場面で活躍できるようになりたいです。

では、どんな人と一緒に働きたいですか?

小島

前向きに行動する人です。ちょっと楽観的なくらいの方が、コミュニケーションが取りやすいですね。考えすぎてしまう人よりも、とにかくやってみようと思える人と一緒に働きたいです。

最後に、若手に一言メッセージをいただけますか?

小島

仕事を楽しんでください。どっちにしてもやらないといけないのだから、いやいやとやるよりも、プラスに考えて楽しむといいですよ。そのなかで自分の目標を見つけて、突き進んでいってほしいです。

小島大陸の写真

休日の過ごし方

小島大陸の写真

家族と一緒に遊んでいます。息子と娘はやっぱり可愛いです。小さいうちに人の2倍も3倍も稼いで、子どもたちの将来の選択肢を増やしてあげたいですね。これからもっともっと仕事の幅を広げて、妻と子どもたちを守っていきます。